ここから本文です

野球美女・坪井ミサトがMLB選手に直撃。菊池雄星から逆取材された

3/20(水) 6:43配信

webスポルティーバ

 プロ野球の始球式で剛速球を投げる「野球美女」として話題の坪井ミサトさん。モデル・女優としても活動しながら、小学校・中学校の9年間で野球に打ち込んだ経験を生かして、プロ野球だけでなくメジャーリーグの取材も精力的に行なっている。

■可愛すぎる野球女子と話題の坪井ミサト。球速へのこだわりは本物だ

 昨年からはアメリカでの現地取材も行なっており、今年は2月中旬から約1週間、アリゾナでのスプリングトレーニングに足を運んだ。さまざまな選手に取材を行なうなかで、日本で開幕戦(3月20日、21日)を迎えるマリナーズの菊池雄星にも単独でインタビュー。開幕2戦目の先発が濃厚とされている、西武ライオンズから移籍したばかりの”ルーキー左腕”が坪井さんに語った、メジャーリーグでの手ごたえとは。

* * *

――昨年に続いて2度目のアリゾナ取材はいかがでしたか?

「昨年は最高気温が20度を超えるなど暖かかったのですが、今年は10度前後の日が多く、現地の方も『こんなことは珍しい』と困惑するほどの寒さでしたね。そんななか、日本人選手が所属するアリゾナ・ダイヤモンドバックス(平野佳寿)、ロサンゼルス・ドジャース(前田健太)、シアトル・マリナーズ(イチロー、菊池雄星)を含む、6球団を取材することができました」

――坪井さんから見た、メジャーリーグの練習の特徴は?

「チーム全体で行なう練習時間が2、3時間くらいで短いのが、練習量を重視する傾向にある日本のプロ野球と違うところなのかなと思います。内容も”プレーの確認”という感じです。たとえば、挟殺プレーの練習も2、3回ボールを投げ合う程度。バッティング練習などもサッと終え、チーム練習は午前中に切り上げて、午後は個人練習や試合が行なわれることが多いですね。

 ドジャースの取材で前田投手に『どれくらい練習しているんですか』と質問した時も、『全体練習を入れて4時間程度です』と話していました。選手たちが各自の考えで時間を使えるメリットがある一方で、『そういったところが、試合の細かいミスにつながる』という指摘もありますね。日本の練習とどちらが正しいというわけではなく、それぞれ重視しているところが違うのが面白いです」

1/3ページ

最終更新:3/20(水) 6:43
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事