ここから本文です

【ボクシング】キャリア18年、39戦目で世界初挑戦決定 船井龍一、5月にアメリカでIBF王者アンカハスに挑む

3/20(水) 22:04配信

ベースボール・マガジン社WEB

元日本&WBOアジアパシフィック・スーパーフライ級王者で現IBF同級1位の船井龍一(33歳=ワタナベ)が5月4日(日本時間5日)、アメリカ・カリフォルニア州ストックトンのストックトン・アリーナでIBF王者ジェルウィン・アンカハス(27歳=フィリピン)に挑戦することが20日、ワタナベジムで発表された。

【この記事の写真】船井龍一会見

「いまはアマチュアでキャリアを積んだ選手が、早い段階で世界チャンピオンになる時代ですが……」
 15歳、高校1年でボクシングを始めてから18年。2005年に19歳でプロデビューして39戦目。23戦目で初めてのタイトルマッチに挑み、OPBFバンタム級王者ロリー松下(カシミ)に完敗を喫し、34戦目、三度目のタイトル戦でようやく日本チャンピオンに輝いた“遅咲きの男”。けれども、紆余曲折を経てようやくつかんだチャンスだからこそ、得られた自信がある。

「それまでは気持ちが弱かったけれど、親友の中川に勝ったことで、気持ちが強くなりました。あの試合が、いまの自分のすべてです」

 中川健太と元プロ選手の増田岳之さん、そして船井。3人は高校の同級生で、3人でボクシング部をつくってしまったほどのエネルギーの持ち主。そこから中川と増田さんはロッキージムへ、船井はワタナベジムへと分かれたが、ずっと交流は続いていた。
 しかし、その中川が、ひと足早く日本チャンピオンとなり、運命のいたずらとでも言ったらいいのか、船井が挑戦するかたちとなった。
 2017年3月22日、後楽園ホール。優しさを捨てた船井は、親友に襲いかかり、7回KO勝利。2度防衛し、WBOアジア王座も獲り、昨年11月にIBF王座挑戦者決定戦に勝って、今回のビッグチャンスまで一気に駆け上ったのだ。

「絶対勝ってこいよ!」(中川)
「当たり前だろ!」(船井)
 今回の試合が決まって、そんなやり取りをしたのだという。

「あいつともう1回やろうって話してます。僕が獲って、あいつがまた這い上がって、今度は世界で」

 中川は今月1日付でレイスポーツジムから三迫ジムへ正式に移籍。そうそうたるメンバーが集うジムで、明るく切磋琢磨している。勝者と敗者で差は開いてしまったが、今度は中川が追いかける番。船井もさらに高い山を登って、待ち構える覚悟だ。

1/2ページ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ