ここから本文です

洗顔法だけで何歳からでも肌はよみがえる

3/20(水) 18:54配信

webマガジン mi-mollet

 独特の洗顔法で、乾燥やシミ、毛穴、たるみなど様々な肌トラブルを改善してきただけでなく、もともときれいな肌ももっときれいにしてきた『米澤式健顔』の米澤房昭先生。洗い続けてきた年月は何と43年! このたび、その肌改善理論と洗い方のプロセスを惜しげもなく紹介した著書『人生が変わる洗顔 顔を洗うだけの銀座の小さなサロンが14万人の肌をきれいにしたシンプルな方法』(講談社)が発売されました。それにしてもなぜ、化粧品でも美容治療でもなく、洗うだけで肌がきれいになるのでしょう?

「こう伝えると拍子抜けされるかもしれませんが、肌トラブルが起こる原因は非常にシンプルで、皆さん、汚れがきちんと落ちていないだけなのですよ。肌の表面は、無数の角質細胞で覆われています。細胞は常に生まれ変わっていますから、角質も古くなったものは剥がれ、下からうるおいを持ったフレッシュな角質が顔を出します。これが、肌が本来持つ代謝力。ですが現代女性は、クリームや美容液のつけすぎでこの古い角質がきちんと剥がれず、それが様々な肌トラブルを引き起こしているのです」
古い角質=死んだ細胞。古い角質にはうるおいがなく、これが肌に貼り付いていると乾燥による突っ張り感を引き起こしたり、折れてシワを作ったりしてしまいます。それだけでなく、古い角質が蓋となって皮脂分泌を妨げ、毛穴の開きやニキビといったトラブルを生み出す要因にもなっているのです。

 

古い角質はほぼ垢だった

トラブルが起きる肌は古い角質が表面に残っているので
・乾燥しやすくシワになりやすい
・くすみやすく、毛穴が黒ずみやすい
・ニキビ、アトピーが治りにくい
・ターンオーバーが遅い

 米澤式健顔が目指す健康な肌はフレッシュな角質が表面に出ているので
・うるおいがあって、サラサラ
・シワになりにくい
・肌が軽く、表情をつくりやすい
・ターンオーバーが速い

「皆さん、毎日のクレンジングでは、メイク落としで1、2分マッサージした後、すぐに洗い流していらっしゃると思います。でもこれでは、メイクは落ちても不要な角質までは落ちません。ならばスクラブやゴマージュで角質をしっかり除去すれば良いのでは? と思うかもしれませんが、そう単純ではないのが肌というもの。スクラブやゴマージュもたしかに古い角質は落とすのですが、落とす力が強すぎて、その下のフレッシュな角質まで傷つけてしまうのです」

そんな繊細な肌を前に、米澤先生が試行錯誤しながら生み出したのが、「肌を傷めることなく不要な角質だけを落とし、フレッシュな角質は残す」という洗顔法、“米澤式健顔”だったのです。その方法は、クレンジングクリームをつけて、何と毎日5~15分マッサージをするというもの!
「こう聞くと皆さん、『そんなに長くマッサージをして大丈夫なの!?』と思われることでしょう。でもこれこそが米澤式健顔の最大のポイント。そのマッサージというのが、“肌が動くか動かないくらいの究極のソフトタッチ”でおこなうのです。これによって古い角質層だけをゆるめることができるので、フレッシュな角質層が顔を出せるようになるのです」

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

スタイリスト大草直子がコンセプトディレクターを務める、ミドルエイジ女性のためのwebマガジン。ファッション、ビューティ&ヘルス、ライフスタイルの情報を配信中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事