ここから本文です

身長155cm以下のマキシスカート選びで失敗しないコツ

3/20(水) 18:42配信

webマガジン mi-mollet

155cm以下の小柄さんのファッションのお悩みのなかで、とても多いのは「マキシスカート」の着こなしについてです。

身長154cmのSサイズスタイリスト川上さやかさんが、「ミモレ」に寄せられたマキシスカートについての読者のお悩みにズバッと答えてくれました。

読者からのお悩みQ .マキシスカートに憧れています。どうやったらSサイズでも素敵に着こなせますか?

 

私が答えます!

A .Sサイズのバランスに合うのは、長いか短いかのどちらか。中途半端がいちばんNG。だから、マキシスカートは意外といけるんです!

「ワイドパンツと同じく、マキシスカートも多くのSサイズの方にとって苦手意識があるアイテム。ですが、ほんの少しの丈感や素材感に気をつければ、Sサイズの心強い味方に変わってくれます。私自身、スカートといったら、マキシしかはかないくらい愛用しています。今回も、細かくポイントについて紹介していきたいと思います」

 

『マキシスカートの正解』その1足首が見えない丈を選ぶ

「上の2枚の写真を見比べてみてください。Sサイズもバランスよく着られるスカート丈は、最初のほう。足首が完全に隠れる長さです。私たちSサイズは、なぜか『足首を出して抜け感をつくったほうがSサイズはすっきり見える』と刷り込まれていませんか? 以前の私もそうでした。けれど、マキシスカートの場合は、思いきり長い丈で足首を見せないほうがスタイルよく見えるんです。足首が見える中途半端な丈だと、途端にバランスが悪く見えてしまうので、気をつけてくださいね」
 

『マキシスカートの正解』その2素材は軽やかな落ち感のあるものが◎

 「ワイドパンツもそうなのですが、素材にハリがあると、下半身にボリュームが出て、重く見えてしまいます。動くと体に沿って揺れるくらい、軽やかな素材を選ぶと、すっきり見えます」
 

『マキシスカートの正解』その3ウエストゴムなら微調整できる!

 「マキシスカートを買うときは、ほぼウエストゴムのものです。ほんの少し丈が長くても、ウエストゴムならスカートをクッと上にあげてはけばいいから(笑)。ウエストがゴムではないものも買いましたが、その微調整ができないので、ちゃんとお直し店にもっていって、裾上げしてもらいました。この手間がかからずに、買ってすぐにはけるというのはとてもラクですよね」

実は、マキシスカートの着こなしは、ワイドパンツと同じくセオリー!

ワイドパンツとマキシスカートのコーディネートは、まったく同じくセオリーでできています。

・合わせるトップスはコンパクトに。
・靴の先は丸いものではなく、つま先部分の肌見せ効果で足元に簡単に抜け感が生まれる『オープントウ』の靴、足元がきりりと締まって見える『ポインテッドトウのフラットシューズ』、こなれ感と軽快さを加えてくれる『スポーティサンダル』を選ぶこと。

この二つがとても大事です。これさえ守れば、Sサイズさんでもマキシスカートをきれいにはけると思います。ぜひ試してみてくださいね。

PROFILE 川上 さやかさん

大手金融会社のOLからスタイリストに転身した異色の経歴の持ち主。シンプル&ベーシックな中にも上品な女らしさが光る、リアルな通勤コーディネートが人気。身長154㎝。Instagram:@sk_120

(この記事は2018年6月12日時点の情報です)
撮影/目黒智子(人物)、武藤 誠(静物)
スタイリスト/川上さやか ヘア&メイク/桑野泰成
構成/高橋香奈子 

川上 さやか

記事提供社からのご案内(外部サイト)

スタイリスト大草直子がコンセプトディレクターを務める、ミドルエイジ女性のためのwebマガジン。ファッション、ビューティ&ヘルス、ライフスタイルの情報を配信中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事