ここから本文です

問題児ネリ、Sバンタム級への転向示唆 昨年の体重超過を猛省「体重で失敗できない」

3/20(水) 18:03配信

THE ANSWER

16日の試合ではバンタム級で元世界王者を圧倒

 ボクシングの前WBC世界バンタム級王者の同級1位ルイス・ネリ(メキシコ)は16日(日本時間17日)のバンタム級10回戦(米アーリントン)で元IBF世界スーパーフライ級王者のマクジョー・アローヨ(プエルトリコ)に4回終了TKO勝ちを飾った。4度のダウンを奪い、デビューからの連勝を29に伸ばしたネリ。かねてからWBA同級王者井上尚弥(大橋)との対戦を熱望していたが、試合後には再びスーパーバンタム級に転向する可能性を示唆している。

【動画】「BOX界最も才能ある選手」と米絶賛! この拳の次なる標的は…ネリが奪った“鮮烈ダウン4発”の実際の一部始終

 圧倒的な内容で元世界王者を撃破したネリ。その戦いぶりは米メディアからも称賛を集めていた。

 井上尚弥がWBSSに参戦中のバンタム級戦線に殴り込むのか、WBCの暫定王座に尚弥の弟・拓真がいることからも、その動向は注目を集めていたが、メキシコ地元紙「EL UNIVERSAL」は本人の注目発言を紹介している。

「準備に自信を持っていたし、もちろん米国でデビューできて嬉しかった……。もっとできると思う。もっと高みにたどり着くことができると思う。スーパーバンタム級に上げたい」

体重超過でタイトル剥奪の過去…「非常に慎重になっている」

 こうコメントし、1階級上のスーパーバンタム級に階級を上げることを示唆している。昨年3月の山中慎介戦の前日計量で体重超過を犯しており、減量が厳しいのは明らか。昨年12月の復帰2戦目は実際にスーパーバンタム級のリングに上がっていた。

「今は非常に集中している。ウエイトで失敗するわけにはいかない。非常に慎重になっているし、より大きな責任を持って望んでいる」

 今後は122ポンド(スーパーバンタム級のリミット=55.3キロ)を主戦場に戦うことになるのか。その動向から目が離せない。

THE ANSWER編集部

最終更新:3/20(水) 21:21
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事