ここから本文です

「カタールは最高」 中島翔哉が中東へ移籍した理由に滲むブレない“ポリシー”

3/20(水) 8:40配信

Football ZONE web

生粋の“サッカー小僧”は「楽しむ」べくカタールへ 「お金のことは気にしていない」

 日本代表MF中島翔哉は今年2月、ポルトガル1部ポルティモネンセからカタール1部アル・ドゥハイルへ移籍した。多くの選手が欧州5大リーグ、なかでもスペインやイングランドへの憧れを公言するなかで、ある意味“異色”とも言える中東への移籍。しかし、19日の代表練習後にその理由を問われると、中島は迷わず「一番は楽しそうだから」と笑顔で言ってのけた。

【一覧リスト】3月2連戦に臨む「日本代表メンバー23人」

 中島は2017年8月にFC東京からポルティモネンセへ移籍。初の海外挑戦で1年目から29試合10得点の成績を残すと、18年3月に日本代表デビュー。ロシア・ワールドカップ(W杯)メンバー入りこそ叶わなかったが、森保一監督体制に移行後は3カ月連続で10番を託されるなど4試合に出場して1得点2アシストと結果を残した。

 負傷で離脱したアジアカップ後、中島はポルティモネンセからアル・ドゥハイルへの移籍を決断した。現地では移籍金3500万ユーロ(約44億円)とも報じられたが、それは生粋の“サッカー小僧”には重要な問題ではなく、理由は単純明快、これまでもこだわってきた「楽しそうだから」だという。

「お金のことは、僕はそこまで気にしていない。ただ。アル・ドゥハイルがすごく欲しがってくれたのは嬉しい。カタールに行ったのは一番楽しそうだから。いろんなチームが声をかけてくれたなかで、自分に合っていると思いました。実際、(移籍が)決まるまで2度くらい行っていますけど、サッカーもそれ以外の面も自分にとって魅力的だった。楽しくサッカーができるし、よりサッカーを楽しくやるために移籍しました」

「カタールは技術も運動能力も高くて、上手い選手が多い。成長するために行った」

 アジアカップ決勝で森保ジャパンが敗れたカタールは2022年のW杯開催に向けて代表の強化や育成システムの構築を進めており、新興勢力の筆頭的な存在になりつつある。それゆえ、国内リーグのレベルも高いと中島は証言する。

「技術が高くて、運動能力もあって、上手い選手が多い。カタールの選手はボールを奪うのが上手で、攻撃も個人とチーム、両方(のパターン)を持っている。(ルイ・ファリア)監督からは守備でボールを奪うところ、ポジショニングのことでアドバイスをもらいます。成長するために行きましたし、楽しむために行ったので、チームメイト、監督も素晴らしい。良いところを吸収しながらやれていると思います」

 笑顔で「最高」と語るカタールで、心身ともに充実した日々を送る中島。それをいかに森保ジャパンでのプレーに反映していくのか、見どころの一つになりそうだ。

Football ZONE web編集部・小田智史 / Tomofumi Oda

最終更新:3/20(水) 8:40
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事