ここから本文です

イチローを語る21 平田良介(中日)「一番最初に好きになった選手」

3/21(木) 10:24配信

週刊ベースボールONLINE

よく真似をしていました

 マリナーズの一員として来日を果たしたイチロー。週刊ベースボール3月25日号では、『イチローを語る』という企画を組んだ。
 その言葉を一人ずつ紹介していく。
 
 第21回は、中日の平田良介だ。

「イチローさんは子ども時代のあこがれの選手でした。プロ野球を見るようになって、一番最初に好きになった選手。バッティングもすごいし、守備もすごい。なんでもできる選手。

 本当にあのシルエットが好きでしたね。僕は右打者でしたけど、左で振り子打法のまねをよくしていました。

 メジャーに挑戦する際は、イチローさんが成功しなかったら、日本人野手で成功する人はいないなど聞きましたが、僕は絶対に成功すると思っていました」

写真=BBM

週刊ベースボール

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事