ここから本文です

寝ている間に視力矯正 特殊コンタクト治療の注意点

3/21(木) 10:12配信

NIKKEI STYLE

近視や乱視の人が就寝中に特殊なハードコンタクトレンズを装用して、視力を矯正する「オルソケラトロジー」。強度の近視ではなく日常生活を裸眼で過ごしたい人に向いている。目が悪くなり始めた子どもの場合は、近視の進行が抑えられるという研究報告もあり、関心が高まっている。
近視は近くを見るときはピントが合うが、遠くの物がぼやけて見える状態。これは眼内に入った光が網膜より手前で焦点を結んでしまうためだ。近視の多くは角膜から網膜までの長さ(眼軸長)が学童期に伸びてしまうことで起きるとされる。
オルソケラトロジー(オルソ)は専用のハードコンタクトレンズを着け、角膜の形を変えてピントが合いやすいようにする。オルソは「矯正」、ケラトは「角膜」という意味だ。近視だけでなく一部の乱視にも適用されるが、遠視や老眼には効果が無い。
オルソ用のレンズは、普通のハードコンタクトレンズより一回り大きく、断面が特殊な形状をしている。装用すると涙液を介して角膜への圧力分布が変化し、角膜の中央部を押しつけ、周辺部を持ち上げる力が加わる。こうして角膜は全体として平らになりレンズとしての屈折率が小さくなる。より遠い距離で焦点を結ぶので、眼軸長が伸びてしまった人もピントが合いやすくなる。
レンズは就寝前に装用し、目覚めるまでの間に矯正するのが一般的な使い方だ。就寝中に連続使用するため、レンズは酸素透過性が非常に高い材料で作られている。
ただ角膜にレーザーを照射するレーシック手術などと違い、視力を矯正する効果は一時的だ。矯正した角膜は放っておくと2週間ほどで元の形に戻ってしまう。このため視力を維持するためには原則として毎日、近視の程度が軽い人でも1日置きにレンズを装用する必要がある。
また、近視の人すべてに効果があるわけではない。オルソケラトロジー外来を設けている、吉野眼科クリニック(東京都台東区)の吉野健一院長によると、対象になるのは「中等度以下の近視の人で、強度の近視には向かない」という。同外来の来院者も多くは近視が進み始めた子どもや未成年だという。
1年近く前からオルソレンズを使っている7歳の男子Aさんもその1人。学校の健診で近視が進んでいると言われた。当時の両目の視力は0.2と0.3。心配になった母親に連れられて来院した。
テスト用のレンズを装着して約1時間仮眠してもらった。その後レンズを外して視力をはかると0.8程度に回復していた。さらに約1週間のトライアル期間をへてオルソがAさんに有効であることを確認、治療をスタートした。
経過は順調で、授業中に黒板の字が見えにくいといった悩みもなくなった。吉野院長によると「効果は通常は2週間、軽度の場合は1~3日で安定して表れる」という。
オルソケラトロジーは米国で始まり、日本では2009年に厚生労働省が承認した。保険が適用されない自由診療で行われている。治療を手がける眼科施設は全国に数百あり、施設によって料金体系が異なるが、最初の1年間にかかる費用は10万~20万円程度のところが多い。
◇  ◇  ◇

1/2ページ

最終更新:3/21(木) 12:15
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい