ここから本文です

19歳の俊英ケーン&ザニオーロ以外にも続々と。出直しイタリア代表期待の新世代たち

3/21(木) 21:12配信

footballista

60年ぶりにW杯を逃した2018年……。5月に就任したマンチーニ新監督は、若手を大胆に抜擢することで一気に世代交代を進めた新チームを、次回のEUROとW杯に向けてじっくり育てていこうという方向性をはっきり打ち出している。その背景、そして新たなイタリア代表で特に期待したいU-21のタレントを、イタリアのWEBマガジン『ウルティモ・ウオモ』のサルターリ記者が解説した本誌第63号の記事を特別掲載。


文 ダリオ・サルターリ
翻訳 片野道郎


 イタリアにおいて、衰退に抵抗して大きな変化を起こそうとするのは、本当に破滅的な状況に陥った時に限られる。残念ながら政治については誰も本気で興味を示そうとしないので、そういうことが起こるためには、サッカーのイタリア代表がロシアW杯予選のプレーオフでスウェーデンに敗れ、60年ぶりに出場権を失うという悲惨な目に遭わなければならなかった。

 しかし実際には、決して青天の霹靂(へきれき)というわけではなかった。プレーオフ敗退は、2006年のドイツW杯優勝を頂点として始まった10年にわたる衰退がもたらした当然の結末だったからだ。その間イタリアは何度も、強い劣等感に苛まれるような経験を積み重ねてきた。2010年と14年のW杯におけるグループステージ敗退だけではない。EURO2012決勝でスペインに喫した0-4の完敗、EURO2016準々決勝におけるドイツとのPK負けもそうだ。

 イタリア代表はこの10年間、90年代後半に次々とデビューしW杯優勝という結果をもたらした黄金世代が衰え、ピッチを去っていくのを、後継者を輩出することができないままただ見守ってきた。その観点から見れば、ロシアW杯への切符を失った後、ジャンルイジ・ブッフォン、ダニエレ・デ・ロッシ、アンドレア・バルザーリという3人が同時に決断した代表引退は、黄金世代の決定的な終焉、そしてそれによるイタリアサッカー凋落のどん底を象徴する出来事だったと言える。

 ロシアW杯後の世界を前にして、イタリアはほとんどゼロから自らを再構築すべき状況に置かれている。それを委ねられたのはロベルト・マンチーニだ。「ほとんど」と言うのは、過去10年の瓦礫の中からも何人かが生き残ったからだ。ユベントスの最終ラインを支えるレオナルド・ボヌッチとジョルジョ・キエッリーニのペア、そしてアズーリの新世代を担うことを期待され続けてきた、90年代前半生まれのチーロ・インモービレ、ロレンツォ・インシーニェ、マルコ・ベラッティ、アレッサンドロ・フロレンツィがそうだ。マンチーニは彼ら、さらにフェデリコ・キエーザ、フェデリコ・ベルナルデスキ、ニコロ・バレッラといった90年代後半生まれの主力候補を中心にチームを構築しつつ、A代表招集経験のない中堅、若手(アレッシオ・クラーニョ、マヌエル・ラッザリ、ニコロ・ザニオーロ、ピエトロ・ペッレグリ)も積極的に招集することで、新チームの底辺を可能な限り拡げようとしている。

 幸運なことに、アズーリの未来を担うべきタレントの層は、年齢層が下がるにつれて厚くなってきている。マンチーニはEURO2020、そしてカタール2022を見据えて、質・量ともにより充実したチームを組織できるようになっていくだろう。もちろん、若手の成長というのはデリケートで不確かなものだ。

 しかし、以下で紹介する、現在頭角を現しつつある若きタレントの何人かが、向こう4年間のアズーリに無視できない貢献を果たすことに期待するのは、決して無茶なことではない。それだけは確かだ。

1/4ページ

最終更新:3/21(木) 21:12
footballista

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊フットボリスタ

株式会社ソル・メディア

Issue 070
6月12日(水)発売

特別定価1000円(税込)

[特集]
18-19欧州総括
欧州カップ戦&各国リーグ戦

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事