ここから本文です

おすすめ! アイルランド、自然満喫のドライブ旅

3/21(木) 10:33配信

ナショナル ジオグラフィック日本版

アイルランド西部バレン地域をめぐる、とっておきのドライブコースを紹介

 ヨーロッパ北西の島国アイルランド。その西側のバレン地域は、壮大なモハーの断崖のほか、月面のような地形や巨大な岩のモニュメント、美しい植物が見られる素晴らしいところだ。

地図と写真:アイルランド、自然満喫のドライブ旅 5点

 ユネスコ世界ジオパークに認定された約530平方キロのエリアには、北極地方や地中海の植物、高山植物が共存する。これは世界でもほとんど例がない。「バレン」の語源は「石だらけの場所」を意味するアイルランド語。ドラマチックな岩の地形は、トールキンからスピルバーグまで、数多くのクリエーターたちを魅了してきた。

 色とりどりの野花が咲く春に、以下に示したドライブコースをたどれば、きっとあなたも魅了されることだろう。道路は狭く、車よりは牛に適している。ゆっくりと車を走らせ、現地の伝統にならって、正面からやって来る車に人さし指を立ててあいさつしよう。

1. まずは最初の一口:エニスタイモン

 シャノン空港から約50キロの場所にある町エニスタイモンのチーズ専門店「チーズ・プレス」は、ドライブ旅の食料を仕入れ、おいしいチーズを試食するのにぴったりの店だ。

 ヤギのチーズを製造する会社「セント・トーラ」のシネイド・ニ・ゲービス氏が2017年に立ち上げた店で、アイルランドのチーズを40種類以上も取りそろえているほか、バレン地域でコーヒー豆を焙煎したアナム・コーヒー、モイ・ヒル・ファームの有機野菜、サワードウ(パン種の一種)を使った自家製パンのサンドイッチ、地元産のコンブチャなども販売している。試食会やヨガのイベントを開催しているため、Facebookページをチェックしてみよう。

2. 波と戯れる:ラヒンチ

 潮風の吹くラヒンチに着いたら、ベンズ・サーフ・クリニックを訪ねてみるといい。北大西洋の洗礼を受けることなく、気持ちよく波に乗るコツを伝授してくれる。陸にとどまりたい人はワイルド・キッチンのイベントに参加し、食べられる海藻を探してはどうだろう。アオサ、トリュフのような味がするペパーダルス、栄養満点のデリスクなどを収穫した後は、エルダーフラワーの「シャンパン」とともに海藻料理を楽しむことができる。

1/4ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ナショナル ジオグラフィック日本版の前後の記事

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事