ここから本文です

グーグルの「Stadia」で、ゲームプラットフォームの競争は新たな時代に突入した

3/21(木) 12:11配信

WIRED.jp

グーグルは昨年10月、ヴィデオゲームの大ヒット作「アサシン クリード オデッセイ」をChromeブラウザーで動作させるテストを行った。どのハードウェアで遊ぼうかと考えることも、家庭用ゲーム機よりパソコンのほうが高性能ではないかと気にする必要もない。ゲームはグーグルの巨大なクラウドサーヴァーに保存されているので、遊ぶハードウェアはまったく関係ないのだ。

2019年に期待したい新作ゲーム15選+2

このゲームは期間限定で提供されたもので、「Project Stream」と呼ばれる大規模なベータテストだった。次世代のゲームソフトはゲーム機から離れてクラウドに移行し、人々は場所に縛られずにゲームをプレイできるようになる──。そうグーグルは見込んでいるのだ。

この見込みは当たったようだ。サンフランシスコで開かれている「ゲーム・デヴェロッパーズ・カンファレンス(GDC)2019」でグーグルは、Project Streamがさらに野心的なプロジェクトに進化したことを発表した。

「Project Yeti」の発展型

この新しいプロジェクトの正式名称は「Stadia」。かつて「Project Yeti」というコードネームで呼ばれ、その発表が噂されてきたサーヴィスである。クラウドによるゲームプラットフォームで、Wi-Fi機能を備えた専用のコントローラーも用意された。

グーグル傘下のYouTubeでは、2018年に500億時間以上に相当するゲーム動画が視聴されている。Stadiaは、このストリーミングのプラットフォームにがっちりと組み込まれており、切っても切れない関係にある。

「ここには素晴らしいプレイヤー、そしてクリエーターとゲームコンテンツの視聴者が揃っています」と、グーグルでクラウドゲームの責任者を務めるフィル・ハリソンは語っている。「この分野において、グーグルには独自の能力があります。これらふたつの世界を統合させれば、すごいことになると考えたのです」

YouTubeと密接に連携

昨年のProject Streamと同じように、Stadiaはゲームをすべてグーグルのクラウドサーヴァー上で実行する。当初のテストでは最大1080pのグラフィックスを最大60フレーム/秒(fps)で表示していたが、Stadiaは4K画質を60fpsで表示できるうえ、HDR表示と音声のサラウンド出力にも対応する。

また、Stadiaのコントローラーはユーザーの手元にある機器ではなく、サーヴァーにあるゲームのデータと直にやり取りする。この点もProject Streamとは異なる。

コントローラーにはアシスタントボタンがあり、プレイヤーは「Googleアシスタント」にアドヴァイスをもらうこともできる。キャプチャーボタンを使えばプレイ中の画面を保存することも可能で、そのままYouTubeにシェアすることもできる。その際は、公開先をYouTubeに開設したチャンネルや友人に限定したり、全体公開にしたりもできる。

グーグルのハリソンによると、専用コントローラーには音声出力用に3.5mmのヘッドホンジャックがあるが、Bluetooth経由の出力には対応していないという。ディスプレイなどへの映像出力はUSB-C端子からとなる。Stadiaで遊ぶためのコントローラーはUSB接続なら市販のものを流用できるが、サーヴァーへの接続は手元にある端末のネット環境に依存する。

1/4ページ

最終更新:3/21(木) 12:11
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事