ここから本文です

PCの起動が遅い原因は? 対策は6つ

3/21(木) 11:11配信

ライフハッカー[日本版]

パソコンがいつまで待っても起動しないことほど、イライラさせられるものはありません。

【記事の全画像】PCの起動が遅い原因は? 対策は6つ

最後には起動するのだとしても、WindowsやmacOSの起動時間が長くなっているとしたら、システムに何かの不具合が起きている可能性が高いといえます。起動に数秒ではなく、数分かかる場合は、何かがおかしいサインです。

パソコンの動作が遅い

米Lifehacker読者のPeggyさんも似たような問題に悩まされているようで、Tech 911へ相談メールを送ってくれました。

私のノートパソコンは起動は普通にできるのですが、その後の動作が耐え難いほど遅いのです。

タスクマネージャを見るとディスク使用率が100%になっています。この状態が30分は続きます。

Googleで検索したところ、SuperFetchを停止する(大きなリスクがある)という解決策が提案されていたので、そのとおり試してみました。

でも、うまくいきませんでした。私はどうすればいいのでしょうか?(4~5年使っているWindows搭載のDellノートパソコンです。自動更新はすべてオンにしています)。

1. CPUの使用状況を確認する

まず考えられるのは、システムをハングアップさせたり、リソースを膨大に消費するアプリが入っているのではないかということです。

これは簡単に確かめられます。タスクマネージャを開いて、CPUを大量に使用しているアプリをチェックしてください。CPUのカラムをソートすれば簡単にわかります。

CPUを大量に使用しているアプリを特定できても、それが何をするアプリなのかわからないときは、アプリを右クリックして、[オンライン検索]を選択してください。

犯人の正体がわかったら、どう対処すべきかもわかるはずです。単純にアプリをアンインストール(または再インストール)をするだけで解決する場合もあります。

(あなたのマシンのタスクマネージャを私は見れないので、これ以上詳しい指示はできません。とくに、問題のアプリがあなたが削除したいくないアプリである場合、たとえば普段使っているGoogle Chromeとか、は単純な答えは出せません)

いずれにせよ、起動してから30分もまともに動かないというのは明らかに異常です。何らかのスキャンアプリやバックアップアプリが暴走している可能性が疑われますが、私のマシンでWindows DefenderやBackblazeが暴走したという記憶はありません。

1/3ページ

最終更新:3/21(木) 11:11
ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事