ここから本文です

所有物はこれだけ。アドレスホッパーがいつも持ち歩くものすべて

3/21(木) 12:11配信

ライフハッカー[日本版]

あえて特定の拠点を持たずに、国内外の場所を転々と旅を続けるようにしながら会社員をしているマット・マスイさん。

【記事の全画像】所有物はこれだけ。アドレスホッパーがいつも持ち歩くものすべて

前回の記事ではノマドの究極形とも言える「アドレスホッパー」の暮らし方・働き方を紹介しましたが、今回は彼の持ち物を見せてもらいます。

すべての所有物を持って移動しなければならないので、当然ながら持ち物は超シンプル。

キャリーケースひとつと、背中に背負える革のバッグが全てです。

拠点もないのでこれ以外に所有物がありません(収納サービスと実家に置いてある衣服を除く)。

アドレスホッパーを始めた頃はこの5倍以上の荷物があったそうですが、試行錯誤を重ねる中でなんだかんだで要らなかったモノたちが脱落していき、今のこの量に落ち着いたのだそうです。

「RIMOWA」×Lufthansaのスーツケース

まずは、ドイツの老舗スーツケースブランド「RIMOWA」と同じくドイツの航空会社「ルフトハンザ航空」がコラボしたルフトハンザモデルのスーツケースを開けてもらうところから始めましょう。

人間の視点というものは左上から右下に流れるように動くのだといいます(グーテンベルグ・ダイアグラム!)。

ということでスーツケースを開けてもらって、真っ先に目に入ったのは白のフェイスタオル。まだタグがついた状態で入っていました。

バスタオルはでかすぎるので、結婚式の引き出物でもらったフェイスタオルをバスタオル代わりに使ってます。

そして、シャツが数枚とスウェット生地のパジャマが顔を覗かせています。

ファッションにはどんなこだわりがあるんでしょう? 「金額の安い高いはあまり関係なく、とにかく長く使えるものを少なく、ですね」

ちなみに紫色の袋は、下着入れ。コンラッドホテルのロゴが入っているので、その日どこに泊まろうと、下着を入れるときだけは超高級ホテル気分が味わえます。

コートを買ったときに一緒に付いてきた袋だそうです。

無印良品アイテムの汎用性

ではキャリーケース右サイドを見てみましょう。まず飛び込んでくるのが赤いポーチ。よく見ると、Instagramのロゴが入ってます。 企業ロゴのノベルティやグッズ好きにはグッとくるアイテムですね。

このポーチは友達にもらったやつです。中は衛生用品ですね。

中から出てきたのは、無印良品の小分けボトルに入れられた日焼け止め。

こういう生活をしているので、清潔感には気を配っています。化粧水やシャンプーもオーガニックのものを使っています。

続いて、シャンプー、トリートメントなど、真っ白い無印良品の小分けボトルたちがぽこぽこと出てきます。

無印良品が友達なんです。無印の小さなコロコロも持ってます。海外の友人がこのアイテムを探していて、一緒に買いに行ったついでに自分も買ってしまいました。ポーチに入るこのコンパクト感が良いんですよね。

そう笑うマットさんの目線が止まりました。コンタクトの洗浄液です。

一番の悩みはこれなんです。洗浄液ってかさばるし、いちいち買わないといけないから、アドレスホッパー的には大きな足枷なんですよね。

なので今年の目標はフェイキック手術を受けることです。眼の中にレンズを入れちゃいます。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事