ここから本文です

もう振り回されない!「嫉妬心の強い人」と上手に付き合うための心理学的対処法

3/21(木) 13:20配信

with online

アラサー行動心理士 長谷川ミナの『OLセラピー』です。
人間関係の悩みはどこに行っても誰にでもある、当たり前のこと。

職場にいる“もやもや女子”への対処法!

(※この記事は連載の一部です。バックナンバーは画面下の【関連記事】から)

『OLセラピー』では、よりよいOL生活を楽しんでもうらうために、「疲れない心」を育てていく連載です。
さてさて、今回ご紹介するのは「嫉妬心の強い人」に対するお悩みです。

今回のお悩み

仲のいい同期がいるのですが、私が他の同期とランチに行ったり、話をしているのを見ては「私はつまらない人だから」とスネてしまったり、冷たい態度を取られてしまいます。

私はその同期のことは大切に思っているのですが、他の同期とも普通に話したいと思っています。普段は話も合うし一緒にいて楽しいのですが、このような態度を取られると自分が悪いのかとさえ思えてきてしまいます……。
今後どのように付き合っていくとよいのでしょうか? (28歳・IT・Fさん)

Fさんが自分より他の人と仲良くしていることが気になってしまう同期さん(以下Dさん)。これは嫉妬心からくるものですね。

人は誰でも大切な人と一緒にいたいという気持ちはあるものですが、
もともと嫉妬深いDさんのような人は、友人に対しても相手をコントロールしたいという支配欲が強くなってしまっているのかもしれません。

Fさんにとっては、友情がストレスの元となってしまうのは本望ではありませんよね。

この場合、Dさんに振り回されないように上手に付き合っていく必要があります。

“相手の嫉妬に振り回されないため”の3つを実践してみよう!

・嫉妬は相手の心の問題と捉える

・相手が放ってくる負の感情を受け流す

・自分が望む友情関係を優先する

・嫉妬は相手の心の問題と捉える

Dさんには「私はつまらない人だから」という言葉からも読み取れるように、 “自己肯定感の低さ”が現れています。
このような人は、自分に自信がなく、他人との関係性の中で自分の存在価値を見出そうとしてしまうのです。
つまり今回の場合は「私はFさんにいちばん必要とされている人間だ」と思いたいのです。

その中で、他の人と仲良くしているFさんに対して「私がいちばんじゃなかったの!?」という執着心が湧いてしまったのですね。
Dさんは、Fさんがこのまま自分よりも他の同期と仲良くしてしまうのではないか、私のこと本当は嫌いなのかも、と不安な気持ちでいっぱいなのでしょう。

また、自分の思い通りにならない時に冷たい態度をとって相手に気づいて欲しい、とする行為は、かまってほしいアピールであるとともに自己中心的な考え方でもあります。

本来であれば、Dさん自身が自分の不安な気持ちに気付いて、自信のなさを克服していく必要があるのです。

ここはDさん自身が解決していくべき問題なのだ、と割り切るようにしましょう。

1/2ページ

最終更新:3/21(木) 13:20
with online

記事提供社からのご案内(外部サイト)

withonline

株式会社講談社

2018年12月号
10月26日発売!

定価680円

メインターゲットの20代オシゴト女子の
幸せなライフスタイルを「with」が
全面サポートします!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事