ここから本文です

オリックスファンに伝えたい 西勇輝の人的補償で移籍した元阪神・竹安大知のトリセツ

3/21(木) 11:00配信

文春オンライン

 オリックス・バファローズファンのみなさま。うちの竹安、よろしくお願いいたします。

【写真】この記事の写真を見る

 西勇輝投手のFA移籍に伴い、阪神タイガースから人的補償でバファローズへ移籍したのが竹安大知投手です。今年プロ4年目を迎える24歳。

 2015年のドラフト3位でタイガースに入団した若き右腕は、これまで1軍での登板はわずか3試合にとどまっています。しかし2017年、救援でプロ初登板を果たすとわずか9球でプロ初勝利。2018シーズンは前半を怪我で棒に振るものの、後半には復帰。ウエスタンながら14試合で6勝0敗、防御率1.30という成績を残しています。タイガースでも今年期待の選手の一人として名前があがったりもしましたが、移籍となりました。バファローズでは西投手が背負っていた背番号21を渡され、球団側の期待の高さが窺えます。

 タイガースに在籍した3年間の印象は私の中では“おっとり真面目”。移籍が決まって取材をしてみると虎番記者への警戒心が解けたのか、流れるように言葉を紡いでくれました。これからお世話になるバファローズファンのみなさま、竹安投手の取り扱い説明書“トリセツ”をご一読ください。

じっくり温かく見守って下さい

 社会人熊本ゴールデンラークス時代にトミージョン手術を受けた影響で、プロ生活はスロースタートとなった竹安投手。手術前は「箸を持つときも手が震えていた」といい、手術しなければプロにはなれなかったと思うと話します。タイガースでの3年間はリハビリが長かったものの、鳴尾浜で見守ってきた安藤優也育成コーチは「安定感はファームにいる投手の中では1番2番! 大崩れすることがないから計算できるピッチャーなんだよね。低めに投げられるという大事なコントロールもある。スピードが特段早いわけではないけど、力があるボールを投げるよ!」と大絶賛。1軍でも投げればやれると太鼓判を押していました。

 高山選手、青柳投手などの同期入団の中で唯一1年目に1軍出場を果たせなかったことが「結構ショックがでかかった!」といい、なかなか思う通りにいかず、すごく歯痒い思いをした3年間と振り返っています。しかし、続いた言葉は「人的補償はチャンスだと思っています」。漁師の父を持ち、実家は田畑に囲まれているという長閑な環境で育った竹安投手。24歳とは思えないほどの落ち着きぶりで、私と話していてもいつもどちらが年上かわからなくなります(笑)。冷静にふるまえる心の強さには脱帽。「移籍1年目ですけど、プロでは4年目。結果にこだわってやっていきたいです!」心機一転、新天地での活躍を誓っています。

1/2ページ

最終更新:3/21(木) 11:15
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事