ここから本文です

スタイリスト大草直子が指南!失敗しない春物ショッピング術

3/21(木) 14:30配信

webマガジン mi-mollet

そろそろ本気で服を春へとシフトしなくては、と焦っている人も多いのではないでしょうか。でも一体何から買ったらいいのか悩むところでもありますよね。まだ肌寒い日もあるし、買いたいものをすべて買えるわけでもないし……。そんな悩みを解決してくれる大草直子mi-molletコンセプトディレクターのショッピング術を紹介します!

 NAOKO’S SHOPPING RULE(1) 冬から春へとスイッチ時期はボトムで春を取り入れて

就活生や新入社員の方が浮いて見えてしまうのは、すべてが真新しいから。まだアイテムが自分になじんでいないからなんです。同じように私たちも全身を買ったばかりのアイテムでまとめると浮いてしまいです。だから、春先に新しいアイテムを取り入れるとしたら、大きな面積のものならひとつ、小さいものならふたつまでにしましょう。できるだけ心臓まわりは暖かくしておきたい、ということに加えて、今の時期はまだ顔が冬のまま。そこに春物のトップスを合わせてしまうと、ちぐはぐな印象になってしまいます。だから、トップスよりボトムで取り入れるのがいいんです。まだ肌寒い春先なら、合わせるトップスはカシミヤの薄手のニットなど冬物でOK。

今すぐ春っぽさをプラスしてくれる マドラスチェックのボリュームパンツ 

ピンクのマドラスチェックボトム。「フレアースカートのようなパンツは、ボリューム感がとてもドラマティックです」世界で唯一のウエストゴムに特化したパンツブランドNUMBER Mのもので、黒いゴムウエストがポイントに。

 NAOKO’S SHOPPING RULE(2) アウターで今っぽさを足すならスポーティブルゾン

おそらくトレンチコート、ライダースジャケット、ジージャンはお持ちの方も多いのではないでしょうか。このラインナップにもう一枚アウターを足すとしたら、そして今年らしいものが欲しいとしたら、スポーティなジップブルゾンをおすすめします。白シャツにフラノパンツのようなきれいめなコーディネートにプラスしてもいいですし、これまでジージャンやカーディガンを合わせていたようなシフォンプリントワンピースやロングプリーツスカートにも、今年ならスポーティブルゾン。着こなしの新鮮なスパイスになってくれます。スポーティでカジュアルなアイテムは、基本的に対局のフェミニンでエレガントなものと合わせるのが◎。なので、スポーティブルゾンにTシャツ+デニムはカジュアルが過ぎて着こなすのが難しいかもしれません。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

スタイリスト大草直子がコンセプトディレクターを務める、ミドルエイジ女性のためのwebマガジン。ファッション、ビューティ&ヘルス、ライフスタイルの情報を配信中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事