ここから本文です

「坂本花織のように滑る選手は誰もいない」 海外記者も続々賛辞「極めて優美だった」

3/21(木) 8:13配信

THE ANSWER

ダイナミックな演技を海外記者も続々称賛

 フィギュアスケートの世界選手権は20日、女子ショートプログラム(SP)が行われ、坂本花織(シスメックス)は完璧な演技でシーズンベストを更新する76.86点で2位。全日本女王として貫録を見せた坂本を海外記者も「極めて優美」「美しかった」と続々称賛している。

【画像】2位発進の完璧な演技後に舞台裏で会心の笑みを見せる坂本

 持ち前のダイナミックさで、会場を沸かせた。最終組の1番手で登場した坂本。冒頭の3回転フリップ―3回転トウループのコンビネーションなど3本すべてのジャンプを成功させ、ステップ、スピンでもレベル4を獲得した。最後は笑顔でガッツポーズし、シーズンベストを更新する会心の滑りを披露。喝采を浴びた。

 パーファクトな出来栄えに、海外記者もツイッターで拍手を送っている。米国の名物記者ジャッキー・ウォン氏は「極めて優美だった」と称賛すれば、米国の人気コメンテーターニック・マクカーベル氏も「カオリ・サカモトのように滑る選手は誰もいない。美しかった」と手放しで称えた。

 日本勢5年ぶりの優勝へ、フリーでは五輪女王との5.22点差を逆転することができるか。

THE ANSWER編集部

最終更新:3/22(金) 9:10
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事