ここから本文です

【MLB】イチロー、異例の交代劇 抱擁シーンに米ファンにも広がる感動「泣いてなんかいない」

3/21(木) 10:30配信

THE ANSWER

一度は守備に就いてから…異例の交代劇に反響が続々

 米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手は20日、「2019 MGM MLB日本開幕戦」(東京D)に「9番・右翼」で出場し、4回の守備から途中交代した。攻撃終了後、いったん右翼の守備位置に就いてから交代を告げられたイチローは、ベンチ前で待ち構えた同僚たちと次々と握手とハグを交わした。一部始終をMLBの動画紹介サイト「Cut4」が動画で公開。日本だけでなく、米ファンにも感動が広がっている。

【動画】このシーンが意味するものは!? イチローの表情は? Cut4が公開した異例の交代劇の一部始終

 その瞬間球場中の視線が背番号51に注がれた。4回、イチローは一度は右翼の守備に就いたが、すぐにスコット・サービス監督が交代を告げた。右翼から小走りでベンチに戻る背番号51はスタンディングオベーションに包まれる。そして出迎えていたマリナーズの選手たち一人一人と握手、抱擁を交わし、ベンチの前でサービス監督らともハグ。ダグアウト内でも選手やスタッフと抱擁した。

 なんとも美しい交代劇であると同時に異例の光景は、意味深なセレモニーのようにも見える。Cut4はこのシーンの一部始終を「イチローが交代。ごめん、私たちは今クラブで泣いています」と題して公式ツイッターで動画で公開。米ファンもコメント欄に思い思いの声を書き込んでいる。

「イチロー、大好きだ」
「彼は史上最高のヒッターの一人だ」
「私のヒーロー!」
「イチローはナンバーワン」
「私は泣いてなんかいない。目から汗が出ているだけだ」

 感動の声が広がる一方で、「彼のキャリアの最後の試合になるのかな…」などと心配する声も上がっていた。

 この日は2打席に立ち、1四球を選んだイチロー。指揮官は21日の同戦も出場することを明言している。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/3(土) 1:26
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事