ここから本文です

「チューニングしている段階」 コロンビア代表のケイロス監督、現状の“手探り”を告白

3/21(木) 15:50配信

Football ZONE web

名将ペケルマンの後を引き継ぎ、今年2月に就任 「勉強して近道を探している」

 コロンビア代表は3月22日のキリンチャレンジカップで日本と激突する(19時20分キックオフ)。試合会場の日産スタジアムで行われた前日会見に出席したカルロス・ケイロス監督は「オーケストラに例えるとチューニングしている段階」と今のチーム状況について語った。

【写真】「まるでパジャマ」「美しい」と賛否両論! 日本戦で公式戦初着用…物議を醸しているコロンビア代表の新ユニフォーム

 コロンビアは2012年に就任したホセ・ペケルマン監督が6年の長期政権を維持。その間、4大会ぶりに出場した2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)ではベスト8、昨年のロシアW杯ではベスト16に入り、名将の下で強豪国復活を果たした。

 今年2月、イラン代表を率いていたカルロス・ケイロス監督が就任。今回の日本戦がポルトガル人指揮官にとってコロンビア代表を率いての初陣となる。

 MFファン・クアドラード(ユベントス)が怪我で招集が見送られたほか、ロシアW杯組のGKダビド・オスピナ(ナポリ)、MFファン・フェルナンド・キンテーロ(リーベル・プレート)、DFサンティアゴ・アリアス(アトレチコ・マドリード)が負傷離脱となったが、MFハメス・ロドリゲス(バイエルン)とFWラダメル・ファルカオ(モナコ)の主軸2人を含めて、ロシアW杯組10人がメンバーに名を連ねている。

 かつて名古屋グランパスを指揮し、今年のアジアカップを含めてイラン代表監督時代に日本との対戦経験もあるケイロス監督は、日本の強さを認めたうえで、自身のチームについても語っている。

「正直言うと、まだ何もできていない。自分自身、いろいろ話を聞いて自分も勉強して、近道を探している。オーケストラに例えると、チューニングしている段階ですね。コパ・アメリカという大きな目標があるのでそこに向かって準備しています」

 チームはまだ手探りで始動したばかりと主張したケイロス監督だが、66歳の知将がコロンビア代表をどう操り、日本に立ち向かうのか注目が集まる。

Football ZONE web編集部・小田智史 / Tomofumi Oda

最終更新:3/21(木) 16:56
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事