ここから本文です

「親善試合は建前」 コロンビア監督、森保Jを警戒「日本の力を甘く見てはいけない」

3/21(木) 17:01配信

Football ZONE web

故障者4人が出るも“本気モード”「日本国内での試合だから真剣にやらないといけない」

 コロンビア代表は3月22日のキリンチャレンジカップで日本と激突する(19時20分キックオフ)。試合会場の日産スタジアムで行われた前日会見に出席したカルロス・ケイロス監督は「フレンドリーマッチというのは建前」と必勝を誓った。

【写真】「まるでパジャマ」「美しい」と賛否両論! 日本戦で公式戦初着用…物議を醸しているコロンビア代表の新ユニフォーム

 コロンビアは2012年に就任したホセ・ペケルマン監督が6年の長期政権を維持。その間、4大会ぶりに出場した2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)ではベスト8、昨年のロシアW杯ではベスト16に入り、名将の下で強豪国復活を果たした。

 今年2月、イラン代表を率いていたカルロス・ケイロス監督が就任。今回の日本戦がポルトガル人指揮官にとってコロンビア代表を率いての初陣となる。

 MFファン・クアドラード(ユベントス)が負傷で招集が見送られたほか、直前にはロシアW杯組のGKダビド・オスピナ(ナポリ)、MFファン・フェルナンド・キンテーロ(リーベル・プレート)、DFサンティアゴ・アリアス(アトレチコ・マドリード)が負傷で離脱となった。MFハメス・ロドリゲス(バイエルン)とFWラダメル・ファルカオ(モナコ)の主軸2人を含めてロシアW杯組10人がメンバーに名を連ねているとはいえ、「1週間で4人も怪我人が出てしまい、普通はない状況。残念に思う」と説明した。

 一方で、「チームなので問題はない」としたケイロス監督。イラン代表を率いた今年のアジアカップで日本に0-3で敗れた経験も踏まえ、「日本の力は分かっている」と語る。

「選手にいつも言っているのは、フレンドリーマッチというのはただの建前であって、フレンドリーマッチは存在しない。なぜかと言うと、いくらフレンドリーマッチと言っても、代表のユニフォームを着てプライドを懸けて戦っているからだ。ワールドカップでコロンビアは(日本戦で)良い結果が出なかった。自分もアジアカップで対戦した時も良い結果は出なかった。日本の力を甘く見てはいけないと分かっているし、試合のことは甘く考えてはいけないと(選手に)言っている。日本国内での試合だから真剣にやらないといけない」

 ケイロス監督は、日本戦に“本気モード”で挑むことを匂わせていた。

Football ZONE web編集部・小田智史 / Tomofumi Oda

最終更新:3/21(木) 20:21
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事