ここから本文です

南野拓実、トップ下の“ライバル”香川に言及 「誰が見ても日本で一番実績のある選手」

3/21(木) 20:33配信

Football ZONE web

森保体制でトップ下として不動の地位を築いてきたが、香川の代表復帰で競争は熾烈化

 森保一監督率いる日本代表は21日、翌日のキリンチャレンジカップ・コロンビア戦(19時20分キックオフ)に向けて試合会場の日産スタジアムで前日練習を実施。新体制発足後、トップ下として不動の地位を築いてきたMF南野拓実(ザルツブルク)は、セレッソ大阪の先輩でもあるMF香川真司(ベジクタシュ)の復帰について、「もちろん競争だと思っている」とポジション争いに意欲を見せた。

【一覧リスト】3月シリーズ(コロンビア/ボリビア)2連戦に臨む日本代表メンバー23人「背番号」&「代表成績」

 南野はロシア・ワールドカップ(W杯)後に発足した森保監督体制で約3年ぶりに代表復帰。初陣となった昨年9月のコスタリカ戦(3-0)から3試合連続ゴールを挙げるなど、トップ下として輝きを放った。

 アジアカップでも6試合(1得点)に出場するなど、トップ下のレギュラーと言っていい存在だが、今回はトップ下を主戦場とする香川がロシアW杯以来の代表復帰を果たした。

 クラブシーンでも香川はプレミアリーグの名門マンチェスター・ユナイテッドでプレーした経験を持ち、ワールドカップ出場2回、A代表通算95試合31得点と3月シリーズに招集されたメンバー23人の中でも群を抜いた実績を誇る。否が応でも香川との“比較”が伴うが、南野は「もちろん競争だと捉えている」と語る。

「真司くんは誰が見ても日本で一番実績のある選手で、経験があって実力のある選手。真司君の部分を見て学んで自分らしいプレーをしていければと思います。ここはみんなが競争している場所。真司くんだけじゃなくて、他にも実績のある選手ばかりだし、練習していて楽しい。自分も刺激をもらいながら、試合に向けて良い準備ができています」

 コロンビア戦のピッチには南野が立つのか、香川が立つのか、それとも共存なのか。森保監督の采配は大きな見どころになりそうだ。

Football ZONE web編集部・小田智史 / Tomofumi Oda

最終更新:3/21(木) 22:28
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事