ここから本文です

黒島結菜が「ばぁばトリップ」のナレーターに挑戦『私も素敵な“ばぁば”になれたらいいな』

3/21(木) 20:35配信

ザテレビジョン

女優の黒島結菜が、3月21日(木)夜11時から放送の「BS朝日 THE NEXT『ばぁばトリップ~おばあちゃんの幸せレシピ~』」(BS朝日)でナレーターを務める。

【写真を見る】中村優が“ばぁば”たちと料理しながらガールズトークを楽しむ! いい笑顔♪

本放送では、世界中の“おばあちゃんの台所”を訪ねてきた“ばばハンター”こと中村優が、日本各地へと出向き、ステキな“ばぁば”の人生と、その土地に伝わる郷土料理を伝えていく。

人口およそ200人、平均年齢は71歳という“ばばパラダイス”とも言える三重・尾鷲市を訪れた中村は、この地区の中でも有名な料理上手な85歳の“ばぁば”宅へ。

家の納屋で保存された15年もののヒジキを使った料理や、紀州北部で晴れの日の料理として作られてきた色鮮やかな押しずし作りに挑戦する。

一方、秋田・五城目町では、冠婚葬祭や運動会など人が集まる時に作られてきたという麦巻きという料理をはじめ、秋田・南部に伝わる寒天料理と行った伝統ある料理を現代風にアレンジする“ばぁば”を紹介する。

今回、ナレーターを務める黒島は「皆さん本当にいい顔をしているなって印象が強かったです。私は沖縄出身なので、ちょっとなまりのある地元のおばあちゃんの言葉にホッとするというか、安心しました」と回顧。

そして「私のおばあちゃんは、一人は石垣島にいて、畑仕事もやっているすごく活発な人です。もう一人のおばあちゃんは、小さい頃から、すごくおいしい料理をたくさん食べさせてもらった記憶があります。

特に好きだったのは、お好み焼きです。おばあちゃんが大阪で育った人なので。キャベツがいっぱい入ってて、分厚くて、すごいおいしいのをたくさん食べさせてくれた思い出があります」と、自身の祖母との思い出話を披露。

さらに「自分が小さいとき、おばあちゃんがうれしそうに遊んでくれたのをすごく覚えているので、私もそういうふうなすてきな“ばぁば”になれたらいいなって思います」と、憧れの“ばぁば”像を語った。(ザテレビジョン)

最終更新:3/21(木) 20:35
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン16号
4月9日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事