ここから本文です

スバル興業(9632)が株主優待を改悪して、優待利回り3.7%⇒0.3%に低下! 有楽町スバル座の閉館に伴い、優待品がTOHOシネマズのプリペイドカードに変更!

3/21(木) 22:15配信

ダイヤモンド・ザイ

 【※2019年3月の株主優待の情報はこちら! 】
⇒【2019年3月の株主優待の内容と優待利回りを調査】ANA、ヤマダ電機、オリックス、タカラトミーなど、人気優待に加え、高利回りのQUOカード優待も充実! 
(https://kabunushiyutai.diamond.jp/articles/-/118784)

【詳細画像または表】

 東宝系の企業で道路メンテナンスなどを手掛けるスバル興業株式会社が、株主優待を変更することを2019年3月14日に発表した。

 スバル興業の株主優待は、これまで毎年1月末と7月末時点の株主を対象に実施されており、内容は「100株以上を保有する株主に、保有株数に応じて『有楽町スバル座』にて無料で映画鑑賞できる『有楽町スバル座ご鑑賞優待カード』を贈呈」というものだった。

 今後は、以下の点が変更される。
(1)株主優待の基準日が、1月末と7月末の年2回から、1月末のみの年1回となる。
(2)「有楽町スバル座ご鑑賞優待カード」の代わりに「TOHOシネマズギフトカード」が贈呈される(※有楽町スバル座閉館に伴う措置)。
(3)長期継続保有の優遇制度が導入され、3年以上継続保有する株主は「TOHOシネマズギフトカード」の額面がアップする。

 なお、「TOHOシネマズ ギフトカード」とは、全国のTOHOシネマズで利用できるプリペイドカード。映画チケットの購入(インターネット利用による事前購入含む)、劇場内での各種ドリンクやスナックなどの購入、パンフレットやポスターをはじめとする映画関連グッズの購入などに利用できる(※一部利用できない商品あり)。

 この株主優待の変更は、2020年1月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。ただし、2019年7月末は移行措置が実施され、100株以上を保有する株主に、保有株数に応じて「TOHOシネマズ ギフトカード」(変更後の半年相当分)が贈呈される。

スバル興業の株主優待制度の変更前と変更後
  (変更前)

  基準日
  保有株式数
  株主優待内容
  1月末・7月末
  100株以上
200株未満
  有楽町スバル座無料鑑賞 招待6回(×年2回)
  200株以上
300株未満
  有楽町スバル座無料鑑賞 招待12回(×年2回)
  300株以上
  有楽町スバル座無料鑑賞 招待18回(×年2回)

  (2019年7月末の株主優待の詳細)

  基準日
  保有株式数
  保有期間
  株主優待内容
  2019年7月末
  100株以上
200株未満
  3年未満
  TOHOシネマズ ギフトカード1000円分
  3年以上
  TOHOシネマズ ギフトカード1500円分
  200株以上
300株未満
  3年未満
  TOHOシネマズ ギフトカード1500円分
  3年以上
  TOHOシネマズ ギフトカード2000円分
  300株以上
  3年未満
  TOHOシネマズ ギフトカード2000円分
  3年以上
  TOHOシネマズ ギフトカード2500円分

  (変更後:2020年1月末からの株主優待の詳細)

  基準日
  保有株式数
  保有期間
  株主優待内容
  1月末
  100株以上
200株未満
  3年未満
  TOHOシネマズ ギフトカード2000円分
  3年以上
  TOHOシネマズ ギフトカード3000円分
  200株以上
300株未満
  3年未満
  TOHOシネマズ ギフトカード3000円分
  3年以上
  TOHOシネマズ ギフトカード4000円分
  300株以上
  3年未満
  TOHOシネマズ ギフトカード4000円分
  3年以上
  TOHOシネマズ ギフトカード5000円分

スバル興業の株主優待利回りは? 
 スバル興業の2019年3月20日時点の終値は5800円なので、株主優待利回りは以下のようになる(※変更前の「有楽町スバル座優待カード」は年2回分を受け取ったものとして、「招待1回=1800円」として計算)。

 【変更前】
(100株保有の場合)
投資金額:100株×5800円=58万円
株主優待品:2万1600円分
株主優待利回り=2万1600円÷58万円×100=3.72%

 (200株保有の場合)
投資金額:200株×5800円=116万円
株主優待品:4万3200円分
株主優待利回り=4万3200円÷116万円×100=3.72%

 【変更後:2020年1月末から】
(100株・3年未満保有の場合)
投資金額:100株×5800円=58万円
株主優待品:2000円分
株主優待利回り=2000円÷58万円×100=0.34%

 (100株・3年以上保有の場合)
投資金額:100株×5800円=58万円
株主優待品:3000円分
株主優待利回り=3000円÷58万円×100=0.51%

 (200株・3年未満保有の場合)
投資金額:200株×5800円=116万円
株主優待品:3000円分
株主優待利回り=3000円÷116万円×100=0.25%

 (200株・3年以上保有の場合)
投資金額:200株×5800円=116万円
株主優待品:4000円分
株主優待利回り=4000円÷116万円×100=0.34%

 スバル興業の株主優待は、2019年10月に有楽町スバル座が閉館することに伴い、優待品が「有楽町スバル座優待カード」から全国のTOHOシネマズで使えるプリペイドカード「TOHOシネマズ ギフトカード」に変更される。使い勝手は良くなったものの、株主優待利回りは100株を3年未満の保有の場合、3.72%⇒0.34%と大幅にダウン。映画関連の株主優待は利回りが高い傾向にあり、個人投資家の人気もあるだけに、この変更を残念に思う人も多そうだ。

 なお、スバル興業は、道路の工事・保全・清掃などの道路関連事業を主軸とし、その他に高速道路の売店の運営、映画興行や飲食などのレジャー事業、不動産賃貸業を営む企業。2020年1月期(通期)の連結業績予想は、前期比で売上高0.9%増、営業利益0.4%増、経常利益0.2%減、当期純利益20.2%増。

 【※2019年3月の株主優待の情報はこちら! 】
⇒【2019年3月の株主優待の内容と優待利回りを調査】ANA、ヤマダ電機、オリックス、タカラトミーなど、人気優待に加え、高利回りのQUOカード優待も充実! 
(https://kabunushiyutai.diamond.jp/articles/-/118784)

 ■スバル興業

 業種
 コード
 市場
 権利確定月
 サービス業
 9632
 東証1部
 1月末
 株価(終値)
 単元株数
 最低投資金額
 配当利回り
 5800円
 100株
 58万円
 1.72%
 【スバル興業の最新の株価・株主優待の詳細はこちら! 】

 ※株価などのデータは2019年3月20日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。

ザイ・オンライン編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事