ここから本文です

傷ついた側と傷つけた側に向き合う彼女の覚悟

3/21(木) 5:40配信

東洋経済オンライン

性暴力の被害者を、被害から生き抜いた人という意味を込めて「サバイバー」と呼ぶことがある。被害を受けた過去はあっても、それだけがサバイバーの人生ではない。今、彼女ら彼らはどんなふうに生きているのか。それぞれの今を追う。
 写真家のにのみやさをりさん。彼女の自宅にお邪魔すると、昼食を用意して待っていてくれた。きんぴらごぼう、水菜の白和え、エノキのベーコン巻き、昆布のおにぎり。うれしくなって思わず「料理、好きなんですか?」と聞くと、こんな答えが返ってきた。

この記事の写真を見る

 「子どもの頃から料理するのが当たり前だったから。でもPTSD(心的外傷後ストレス障害)で味覚がなくなっちゃったから、よく子どもから『味がない!』って言われて困ったよ」

 幼少時の最初の記憶は「愛されるには資格がいる」と思ったことだったという。厳格な両親の期待に応えようと弟の面倒を見て、家事を手伝った。勉強も頑張って親の望む私立の進学校に入学したが、それでも認められている実感は持てなかった。

■ある日、世界がモノクロになった

 大学卒業後、「これ以上、親の元にいては死んでしまう」と思い、家を出た。大好きな本に関わる仕事をしたいと出版社に就職。書店や画廊営業、編集業務をしていた入社1年目に事件が起こった。1995年1月。信頼していた上司からのレイプ被害だった。

 被害を話すと、最初は社内で多少の理解を得られた。「本当なら新人の君に辞めてもらわないといけないんだけど」と言われ、刑事事件での立件はかなわなかったものの、上司は退職することに。しかしその後、噂が流れた。

 「彼女がその気にさせたのだろう。彼も気の毒に」

 それでもしばらくは仕事を続けた。そうする以外の道が見えなかったからだ。「私なら大丈夫」、そう自分に言い聞かせていたある日、突然、世界がモノクロになった。

 「信号の青と赤がわからなくなって、そのうちに匂いも味も感じられなくなりました。友達が心配して精神科に連れて行ってくれたけれど、予約の手違いで、『今日じゃなくて、昨日受診の予定でしたよ』と言われて。

1/6ページ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ