ここから本文です

「計画性のない子」の成績を上げる1つの方法

3/21(木) 6:10配信

東洋経済オンライン

■すべてを一度に計画させるのは無謀

 森田さんのお子さんが、シングルタスク型で、かつ現状は勉強がさほど好きではないと思われる以上、勉強について計画うんぬんという話をしても、効果は薄いでしょう。シングルタスク型の場合のアプローチは「好きな分野」「やってもいい分野」から入って心を満たさなければ次のステップには進まない傾向があります。ですから、「すべての科目を一気に計画を立てて勉強をすることは取りやめて、科目を絞って実行する」という方法をとります。

 通常の中間・期末テストでは、10科目近い科目についてテスト勉強をしますが、お子さんが「やってもいい」と思える好きな科目だけ、極端に言うと1科目に絞って計画を立ててやるのです。そして、ほかの科目はすべて今までどおり、そのままで済ませます。

 この「1科目集中戦略」は、かなり勇気が必要でしょう。しかし、これまで計画を立てず成績もさほど芳しくないようですから、実態はたいして変わらないことと思います。もし、この1科目集中でやってみて成果が出るなら、次のステップに進むことができます。成功したらそれを横展開する、つまり徐々に計画的に取り組む科目の数を増やしていくのです。

 以上をまとめますと次のようになります。

 「比較的やってもいい(少ない)科目に絞り、それだけを試験勉強で集中してやってみる」

 今の状態のままでいいのであれば何もしなくても問題ありませんが、改善したいということであれば、このような対応をしてみるのもいいかと思います。

石田 勝紀 :一般社団法人教育デザインラボ代表理事、都留文科大学特任教授

4/4ページ

最終更新:3/21(木) 6:10
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事