ここから本文です

バイエルンが大変革!? 総額253億円の大規模投資を計画か。獲得候補の選手は?

3/21(木) 11:40配信

フットボールチャンネル

 バイエルン・ミュンヘンが夏の移籍市場で総額2億ユーロ(約253億円)の大規模投資を計画しているようだ。20日に英メディア『スポーツバイブル』が報じている。

【写真】バイエルン・ミュンヘンからもランクイン! プレイヤー能力値ランキング

 同メディアによると、すでにシュトゥットガルト所属のフランス代表DFベンジャマン・パヴァールが夏にバイエルンへ加入することで合意しており、それとは別に2億ユーロの投資を計画中だという。

 獲得候補の一人はライプツィヒに所属する23歳のドイツ代表FWティモ・ヴェルナーで、イングランド代表に初招集されたチェルシーの18歳FWカラム・ハドソン=オドイの名前も浮上している。FWフランク・リベリとFWアリエン・ロッベンは退団濃厚となっており、それに代わる攻撃陣の獲得に動くようだ。バイエルンのウリ・ヘーネス会長は「バイエルンにとって、かつてないほどの大規模な投資プログラムになるだろう」と明言しており、大変革の時代を迎えることは確実だ。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:3/21(木) 13:58
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事