ここから本文です

吉野家が28年ぶりに新サイズ「超特盛」「小盛」を販売。一番の"お得盛"はどれ?

3/21(木) 6:00配信

週プレNEWS

牛丼チェーン「吉野家」は3月7日、28年ぶりに牛丼の新サイズを販売した。肉の量が従来の大盛の2倍の「超特盛」(780円)と、並盛の4分の3の量の「小盛」(360円)だ。これで「並盛」(380円)、「アタマの大盛」(480円)、「大盛」(550円)、「特盛」(680円)を含め全6種類に。

【画像】超特盛、並盛、小盛を比較

気になるのは「どれが一番お得か?」ということ。そこで購入し、具とご飯の量を量ってみたところ、小盛が具76g・飯183g、並盛が具90g・飯264g、アタマの大盛が具108g・飯265g、大盛が具111g・飯322g、特盛が具165g・飯336g、超特盛が具211g・飯365gという結果に。





並盛とアタマの大盛の具の差から考えると、具の値段は10g約50円だ。となると小盛はコスパが悪い。一方、並盛と超特盛の具の差は約120g(600円)だから、400円高い超特盛は"超"お得になる。

しかし! 並盛をふたつ注文すると具は超特盛より約30g少ないが、飯は約160g多く値段も20円安い。具を取るか、量と安さを取るか。悩みもチョー増えそう。


取材・文/村上隆保 撮影/村上庄吾

最終更新:3/21(木) 6:00
週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週プレNEWS

集英社

No.18・19
4月22日(月)発売

特別価格500円(税込)

プロ野球・平成最後の想定外/日本経済を救
うMMTってなんだ/週プレが奔走した平成
10大事件【グラビア】池田エライザ/藤木
由貴/白間美瑠/奥山かずさ/川崎あや 他

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事