ここから本文です

黒人刑事が白人至上主義団体に潜入! 「マルコムX」監督、渾身の新作〈週刊朝日〉

3/24(日) 11:30配信

AERA dot.

「ブラック・クランズマン」が3月22日から全国公開される。監督は「マルコムX」など社会派の作品を撮り続けてきたスパイク・リー。実話をもとにした本作もアカデミー賞で作品賞を含む6部門にノミネート、脚色賞を受賞。主演のワシントンは名優デンゼル・ワシントンの息子だ。

【「ブラック・クランズマン」の場面写真はこちら】

 1970年代半ば、コロラド州コロラドスプリングスの警察署で黒人刑事ロン・ストールワース(ジョン・デヴィッド・ワシントン)は、新聞広告に掲載されていた白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)のメンバー募集に電話をかけ、面接まで進んでしまう。騒然とする署内の一同が思うのは「KKKに黒人がどうやって会うんだ?」ということ。そこで同僚の白人刑事フリップ・ジマーマン(アダム・ドライバー)に白羽の矢が立つ。電話はロン、対面はフリップが対応し、二人で一人の人物を演じることになる。

 任務はKKKの内部調査。果たして型破りな刑事コンビは大胆不敵な潜入捜査を成し遂げることができるのか?

 本作に対する映画評論家らの意見は?(★4つで満点)

■渡辺祥子(映画評論家)
評価:★★★★ 超オススメ、ぜひ観て
KKKのリーダーも、某大統領も同じように叫ぶ、「アメリカ ファースト!」。最近はめっきり大人になり、以前のようにただ「差別 白すぎ」と叫ばず、ほのめかしや当てこすりの技も上達したスパイクの映画術が楽しめる。

■大場正明(映画評論家)
評価:★★★★ 超オススメ、ぜひ観て
テーマは重いが、リアリティーとブラックユーモアのバランスが絶妙な話術に引き込まれる。70年代という背景から視野を広げ、それ以前の差別の歴史や現在のアメリカとの繋がりを想像させる構成もよく考えられている。

■LiLiCo(映画コメンテーター)
評価:★★★ なかなかGOOD!
シリアスな問題を描きながら、しっかりエンターテインメント性に満ちているところがスゴイ。言葉がウィットに富んでて、物語にわくわく。アフロが大好きな私としてはバーでみんなが歌って踊るシーンがたまらなく好き!

■わたなべりんたろう(映画ライター)
評価:★★★★ 超オススメ、ぜひ観て
笑っていると突然背筋が寒くなるような不意打ちが訪れる。冒頭及び終盤においても映画史における人種差別を引用しながら、ハリー・ベラフォンテに敬意を表した役を演じさせる。スパイク・リーの真骨頂だろう。

※週刊朝日  2019年3月29日号

最終更新:3/24(日) 11:30
AERA dot.

記事提供社からのご案内(外部サイト)

AERA dot.

朝日新聞出版

「AERA」毎週月曜発売
「週刊朝日」毎週火曜発売

「AERA dot.」ではAERA、週刊朝日、
医療チーム、アサヒカメラ、大学ランキング
などの独自記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事