ここから本文です

紅白歌手・純烈「路上プロレスで石灰浴びながら歌った」過去

3/22(金) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 念願の紅白出場を果たし、“スーパー銭湯アイドル”として全国区の人気者となった純烈。実は彼らには、下積み時代に始まる「プロレス」との浅からぬ縁がある。

【写真】純烈の4人が『女性セブン』のグラビアで見せた貴重ショット

 2月16日、両国国技館。DDTグループのエンターテインメントプロレス「マッスル」のリング上では、とあるバトルロイヤル(3名以上が同時に戦い、最後に残った1人が勝者となるプロレス形式)が行われていた。

 大型レスラーもいれば女子レスラーもいるリングに、なぜか純烈のリーダー・酒井一圭(かずよし)の姿があった。解説席には、他の3人のメンバー。酒井は様々な選手が入り交じるリングで、時に雄々しく、時にコミカルに振る舞い、勝ち残り続ける。解説席の純烈メンバーもマイクで会場を盛り上げると、酒井は最後の2人にまで残った。惜しくも優勝は逃したが、ナイスファイトを見せた酒井とナイスマイクパフォーマンスを見せた純烈メンバーには会場から大きな拍手が巻き起こっていた。

 この日、純烈結成前にプロレスラーとして活動していた酒井は8年4か月ぶりに「マッスル」のリングに復帰した。酒井だけではない。純烈の他の3人まで、当然のようにリングに上がりパフォーマンスを披露したのだ。そして前述の通り酒井の試合のときには3人が解説も担当するなど、純烈は全員でマッスルに参戦した。

 この時の様子を、自身もMCや演出家役でリングに上がる、DDTプロレスリングの今林久弥氏はこう語る。

「ノリがいいですよね。僕らがこんなことやりたいと提案すれば、(酒井)一圭は絶対面白がってくれるだろうけど、いろいろナーバスな時期だから他のメンバーはどうだろうって思ってました。でも楽しんでやってくれてましたね」

 実はちょっと“きわどい”ネタもあったマイクパフォーマンスは、ほとんどがメンバーによるアドリブだという。

「メンバーが『アドリブOKなんで』って言ってくれて。こちらからこういうこと言ってくださいなんて言ってないんですよ。さすが、お客さんが楽しんでくれることを第一に考えてきたグループですね」(今林氏、以下同)

1/2ページ

最終更新:3/22(金) 20:12
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事