ここから本文です

【コロンビア戦スタメン案】左SB・安西幸輝なら心配無用。1トップに推すのは…。日本代表のイレブンをFチャン編集部が厳選

3/22(金) 7:11配信

フットボールチャンネル

日本代表は22日、キリンチャレンジカップ2019でコロンビア代表と対戦する。AFCアジアカップ2019を準優勝で終えてから迎える最初の代表戦。新たな選手も加わるなか、森保ジャパンはどのような戦いを見せるだろうか。

【動画】日本、未来の布陣はこれだ! 4年後の日本代表イレブンを予想

●CBは昌子と冨安のコンビか

 2大会ぶり5度目の優勝を目指したAFCアジアカップ2019で、日本代表は準優勝に終わった。同大会を経て、森保ジャパンはメンバーを入れ替えて3月シリーズに臨む。

 香川真司が復帰し、鈴木武蔵らフレッシュな顔も名を連ねた。一方で吉田麻也、大迫勇也といった主力級は不在。そんな日本代表は22日にコロンビア代表と対戦する。ロシアワールドカップでも激突した南米の強豪を相手に、チームとしてどのようなパフォーマンスを見せるか注目される。

 GKは中村航輔を推す。昨季は2度の脳震とうのためフル稼働できず、アジアカップのメンバーからも外れた。しかし、ロシアワールドカップにも出場しており、実力は折り紙つき。躍動感溢れるセービングでゴールを死守する中村。コロンビア戦で自身の価値を証明できれば、一気に日本代表の正守護神へと駆け上がるのではないか。

 最終ラインは4バックで、左から安西幸輝、昌子源、冨安健洋、室屋成。安西は初招集だが、アジア王者の鹿島アントラーズでも好パフォーマンスを見せている。また彼の物怖じしないキャラクターを考えても、日本代表の一員としてすんなりプレーできるはずだ。

 センターバックでは吉田麻也が招集されていない。一方で昌子源がメンバー入りを果たした。ロシアワールドカップで主力を務めた昌子は、その後フランスのトゥールーズに渡り、研鑚を積んでいる。日本代表の屋台骨を支えうる存在だけに、冨安健洋との連係を確かめたいところだ。

●香川真司は今後も貴重な戦力となるか

 ダブルボランチは柴崎岳と山口蛍でどうだろう。柴崎は所属クラブで出場機会を得られていないが、森保ジャパンでは主力。山口は今季ヴィッセル神戸に移籍し、新天地でのプレーが認められて代表復帰を果たした。鬼才ファン・マヌエル・リージョ監督からもボランチとしてのポジショニングなどを学んでいるはずで、日本代表でも発揮してもらいたい。

 最大の注目である2列目は、左に中島翔哉、右に堂安律。アジアカップは怪我のため不参加だった中島はこのチームのエース格。彼のドリブルなどは攻撃のスイッチになっている。

 そして、トップ下・香川真司を見たいところだ。ベシクタシュという新たな環境にすぐさま適応し、継続的にクオリティを発揮している。ともにプレーしたことのない選手も多い森保ジャパンに入っても持ち味を示し、味方を生かすのではないか。中島、堂安らと好連係を見せられれば、今後も貴重な戦力として計算できる。

 今シリーズのFW登録は鎌田大地と鈴木武蔵の2人。そして、コロンビア戦の1トップには鈴木を推す。北海道コンサドーレ札幌でもスピードを生かしたプレーで相手の脅威となりつつ、パスを引き出す動きにも磨きがかかっている。大迫勇也というポストプレーヤーが不在の中、鈴木が新たな形を導き出せるか注目だ。

フットボールチャンネル

最終更新:3/22(金) 11:11
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事