ここから本文です

モンキー125カスタムプロジェクト#6 組み上げ編【ヤングマシン×ヨシムラ コラボモデル】

3/22(金) 7:15配信

WEBヤングマシン

東京モーターサイクルショーで完成車を披露

昨年2018年末の第46回マシン・オブ・ザ・イヤー(MOTY)開催を記念して、『ヤングマシン』本誌とヨシムラのコラボとなるスペシャルモンキー125が誕生。3/22~24の東京モーターサイクルショー2019・ヨシムラブースに展示されることが決まった。さらに、MOTY投票参加者のうち、このモンキーを手にすることができる幸運な1名が会場で決まる! 本連載特集では、世界に1台のスペシャルモンキー製作模様をドキュメンタリーでお届けする。第6回はこれまでバラバラに塗装・処理を施したパーツを集めて再び組み上げる。

【写真をまとめて見る】

塗装したパーツを組み込むぞ!

ここまでタンク&カバー塗装、フロントフォークのアルマイト処理、その他金属パーツのセラコート塗装の工程を終えたモンキー125カスタムプロジェクト。残るは新たに開発されたヨシムラマフラーの装着を待つのみなのだが、そのお披露目は東京モーターサイクルショーにてお楽しみに。ということで、連載その6となる本稿ではバラしたパーツを再びマシンに組み込んでカタチにする。

当連載その5にてセラコート塗装が済んだスイングアームやトリプルツリーまわりと、連載その2&その3にて塗り上げたタンク&サイドカバー、連載その4にて再アルマイトしたアウターフォークを抱え、最終的にモンキーを組み上げるべく、連載その1に登場したガレージ・アトラクティブへ再び持ち込んだ。

[取材協力:GARAGE ATTRACTIVE(東京都新宿区原町2-5 TEL:03-6302-1719)塗装したパーツの組み込みには第1回目で分解作業をお願いした同店に再びお願い。バイクゆるキャラ・イヌメンZくんとも仲良しのショップだ]

先に行った分解作業のおかげでモンキーの構造を知っていたこともあり、組み立て作業は順調に進行。特に、シンプルな設計ながらも分解については一般的なバイクよりちょっと面倒だったフロントフォークも、オイルを入れるコツさえ知っていれば再組立てはすんなり進められる。

組み上げるにあたり、ハンドルバーやミラーはメッキのモンキー純正ではなく、ブラックのグロム純正部品に交換した。特にハンドルバーはモンキー純正より高さが下がり、引き締まったスタイルにするのも狙いだ。

こうして組み上がったヨシムラモンキーは下の写真のとおりだ。

1/2ページ

最終更新:3/22(金) 7:15
WEBヤングマシン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヤングマシン

内外出版社

2019年06月号
4月24日発売

定価880円(税込)

スクープ:1135Rことヨシムラカタナ現代版!?
新型最速試乗:ホンダ新生ミドルスポーツ他
「#ヤンマシ写真部」120点一挙掲載
別冊付録:最新ヘルメットカタログ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事