ここから本文です

Instagramは新しい買い物機能で、「あなただけのショッピングモール」になる

3/22(金) 8:11配信

WIRED.jp

“未来のショッピングモール”は、プレッツェルの売店や大規模なシネコンといった店舗が集まる都市には存在しない。あなたのスマートフォンのなかにあるプラットフォームが、ショッピングモールになる。

【写真】その猫のポートレートは、「インスタ映え」の本質を教えてくれる

想像してほしい。そこにあるのは、あなただけのための膨大な数の店舗群だ。しかも、あなたのオンラインでの行動に基づいて、あなたが買いそうなものだけを揃えている。

ショッピング機能をもつ多くのプラットフォームが、同じような方向に舵を切ろうとしている。アマゾンは、あなたのペーパータオルをいつ補充すべきかを予測している。Pinterestは、あなたが家をリフォームする際に欲しがるものを知っている。

そしてInstagramは、あなたが買いそうなものを示し、それを簡単に購入できる世界の実現に向けて大きな一歩を踏み出した。

始まりは1年前のショッピング機能

インスタグラムは3月19日(米国時間)、ショッピング機能にひも付けられたInstagramの投稿から、決済まで可能にすることを発表した。モバイルアプリから商品を購入する手続きを簡単にすることで、Instagramはあなた専用のデジタルなショッピングモールになろうとしているのだ。

いまから1年前、Instagramへの投稿から「ショッピング」することが可能になった。例えば、あなたがファッションブランド「ZARA」をフォローしているとしよう。ZARAが新発売したシャツの投稿には、商品名と価格を示すタグが付いている(その一部は広告やタイアップ企画だ)。

さらに、「発見」タブを利用したショッピング機能も導入した。このタブを開くと、「フード」「トラベル」などに加えて、「ショッピング」のセクションが表示される。そこにはショッピング機能に対応した投稿が溢れている。

これらの投稿は、フォローしているブランドやアカウント、過去の閲覧履歴から予測されたものだ。投稿をタップすると、その商品の詳細や価格、そして購入先へのリンクが表示される。

1/2ページ

最終更新:3/22(金) 8:11
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事