ここから本文です

本当に「食事の代替」になる? 完全栄養代替飲料を、1カ月ひたすら飲み続けた結果

3/22(金) 12:13配信

WIRED.jp

すでに人類が解決したと思われる問題に対して、技術的ソリューションを探す──。これほどシリコンヴァレー的な発想が、ほかにあるだろうか。そしてついに、食べ物についてのソリューションが見つかったのだ。

実録:「昆虫食」だけで2週間を過ごしてみた

「ソイレント(Soylent)」が米国で誕生してから5年。この代替食が英国への進出を果たし、競合ブランドの「ヒュール(Huel)」と並んで市場に出回ることとなった。

こうした製品のターゲットは、減量やフィットネス、筋肉増強を求める人だけではない。これらは、食事に「精度」と「効率」をもたらすことを目的につくられている。

とはいえ、本当に機能するのだろうか? ハンバーガーやチョコレートバー、ポテトチップスをやめて、チョコ風味の飲み物を飲み干すという選択が自然に感じられる日なんて、来るのだろうか? 

その答えを知るべく、いつもの食事(の一部)をソイレントとヒュールに、まずは1カ月間ほど替えてみることにした。

人間は食の主目的を疎かにしすぎた

代替食や代替飲料といった製品は、どれも同じ理念を掲げている。ヒュールの創業者のひとりであるジュリアン・ハーンは、それをこんな風にまとめている。

「わたしたちはあまりに長い間、主目的よりも味を優先して食品を最適化してきた。しかし本来、食品は体に必要なあらゆる栄養を与えるものでなくてはならないのだ」と。

「世の中に出回っている食品があまりにおいしすぎるため、人々はそれを求め、はまり、食べすぎてしまうのです」とハーンは語る。この悪習からわれわれを助け出すために登場したのが、こうした代替食だった。

ヒュールは2014年に英国のエールズベリーで創業され、ハーンの仲間で創業者のひとりであるジェームズ・コリアーの手で大きく成長した。18年、同社は80を超える国で2,000万食以上を売り上げている。

そしてほぼ同時期に、ソフトウェアエンジニアのボブ・ラインハートは米国でソイレントを立ち上げた。すでに西海岸で人気になっていたソイレントは、18年9月に英国へと進出してきた。

1/4ページ

最終更新:3/22(金) 12:13
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.32』

コンデナスト・ジャパン

2019年3月14日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.32「DIGITAL WELL-BEING」特集|デジタル時代のウェルビーイングの可能性を問う一冊

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事