ここから本文です

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』の新しい予告編から、マーベルの「固い決意」が見えてきた

3/22(金) 19:10配信

WIRED.jp

マーベルが来たる『アベンジャーズ/エンドゲーム』について多くを明かさないのは、別に驚きではないのかもしれない。最新の予告編もひとつ前のそれと同じで、悲しみに打ちひしがれたヒーローたちの様子を描写しているだけだ。そこではひたすらにマーベルの流儀が貫かれている。

【動画】映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』の新しい予告編

ネタバレどころかストーリーのかけらすら含まれないのは、ある意味では当然だろう。なにしろ、11年にわたるマーベル・シネマティック・ユニヴァース(MCU)の集大成となる映画だ。それに、1月に出てきた『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の予告編で証明されたように、ファンはそれでも構わないということは、もうわかっているのだ。

だから、ここでは「あらゆる手段」を尽くすというのが具体的には何を指すのかを考えるよりも、もっと重要なことに焦点を定めることにしよう。まずは、ホークアイの髪型だ。

クリント・バートン(ジェレミー・レナー)は大方の期待を裏切って『インフィニティ・ウォー』には登場しなかったが、不在の理由は孤高のサムライ風にイメージチェンジを図るのに忙しかったから、ということらしい。そういえば、ホークアイはコミックスの「ニューアベンジャーズ」シリーズでも、漆黒の衣装で日本刀を駆使するローニンに変身していた。

そして新しく公開された映像を注意深く見ていると、バートンの髪がモヒカン刈りになっていることに気付くはずだ。『インフィニティ・ウォー』に呼ばれなかったことへの抗議行動か、そうでなければ(たぶん恐らくは)サノスによって消滅させられた家族を悼む気持ちを表しているのかもしれない。もしくは、彼のなかでランシドがブームになっていて、ティム・アームストロングの真似をしている可能性もなくはない。

バートンの髪型以外では、スーパーヒーローたちがそれぞれのコスチュームではなく、おそろいの白いアーマースーツを着用しているシーンがあった。アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr.)やアントマン(ポール・ラッド)は特にそうだが、一部のヒーローは独自のアーマーを装着することで特別な力を手に入れる。

これを考えると、この統一アーマーというものがどのように機能するのか謎ではある。だがマーベルのことだから、説明はセリフ1行で片付けられてしまうのだろう。

見た目以外に注目すべき点は……

外見的なことばかりではないかと言われるかもしれない。正直、それ以外に注目すべき部分が見当たらないのだ。

予告にはホークアイが矢を放ち、ブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)が銃を撃っている場面がある。キャプテン・マーベル(ブリー・ラーソン)も出てきた。しかし、そんなことはどれも前からわかっていたではないか。

繰り返しになるが、マーベルは『エンドゲーム』の詳細は4月26日の全米公開まで明かさないと決めているようだ。はっきり言って、それで構わないと思う。ここまでたどり着くのに11年かかったのだ。あと少し待つくらい、どうってことないだろう。

BRIAN BARRETT

最終更新:3/22(金) 19:10
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事