ここから本文です

恋愛シミュレーションゲーム『NEWSに恋して』没入感の理由は? リリース1周年を機に考察

3/22(金) 7:03配信

リアルサウンド

胸キュンの連続『NEWSに恋して』の仕掛け

 一本の間違い電話から、アイドルとの恋が始まる――。アイドルグループ・NEWSのメンバーとの恋愛が楽しめる恋愛シミュレーションゲーム『NEWSに恋して』。リリースからもうすぐ1年が経過するが、続編が追加されるなどゲーム人気は衰え知らず。そこで改めて『NEWSに恋して』の魅力を探ってみたいと思う。

 主人公は普通のOL。偶然の重なりを経て、NEWSのメンバーと出会い、少しずつ交流を深めていく。主人公はもちろん、プレイヤーである私。登録した名前で呼んでくれるので、本名で登録することで現実味が増す。性格はちょっぴり控えめで、社会人として芸能人との距離感を保っているところもリアルだ。

 ストーリーチケットは一日5枚が無料で発行され、翌日に復活する。もちろん、課金してチケットを購入すればどんどん先に進むことができる。

 いくつもの偶然が重なりながら、テレビに映るメンバーを自宅で観ている自分、というフィールドの違いをベースに、共通の知り合いを通して少しずつ距離を縮めていく。

 アイドルと知り合いになれた! という高揚感もありながら、それでも相手に迷惑がかかってはいけないと気持ちをセーブ。しかし、彼の言葉一つ一つに、あれ?もしかして……。と回数を重ねるごとに、頭の中は彼のことでいっぱいに。心の揺れが丁寧に描かれながら、物語はじわじわと進行していく。

 シーンに応じた表情、勘違いしてしまいそうな言葉のチョイスと、ゲームとはわかりつつもドキドキが止まらない。物語の続きが気になって翌日まで待てない……。課金してしまうやないかーい! というユーザーも少なくないはずだ。

 また、本編とは別の期間限定のストーリーイベントもあり、戦隊ヒーローの中の人だったというちょっぴり不思議な設定もゲームらしくて楽しい。アバターの洋服やアイテムも、かわいい物が多く、リアルさとゲーム感が入り混じった世界が広がる。

1/2ページ

最終更新:3/22(金) 7:03
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事