ここから本文です

初デートで相手がお酒を飲めないとわかったら? 注意したい3つのこと

3/22(金) 23:10配信

ライフハッカー[日本版]

デートというのは大変なものです。単に飲まない/飲めない人や、アルコール中毒の治療中の人にとっては、さらに大変なものになります。

【画像】初デートで相手がお酒を飲めないとわかったら? 注意したい3つのこと

何しろ、初めてのデートでの会話は簡単ではありません。バーでのデートが選択肢に入らない場合、最初の数回のデートの場所に困ることになります。

飲まない人とデートするのに、アルコールに関してどのように話し合うかというTIPSをお探しですか?今回は、2人の専門家に、親密な会話に持っていく方法と、共感することが非常に重要な理由を聞いてきました。

1. 相手からすでに聞いているなら、飲まないことについて話すのは問題なし

デートの時に、相手が自分は飲まないということをそれとなく伝えていたとします。カウンセリングサービス「Recovery Coach」社長のCindy Feinbergによると、相手がすでに飲まないことについて触れている場合は、そのことについて相手に聞いてもいいようです。

相手がその話題を持ち出していて、最初から自分が治療中であると教えてくれている場合、相手に「そのことについてもう少し詳しく聞きたい」と言うのは悪くないと思います。もちろん、その話題ばかりにしないほうがいいですが、いくつか質問するのは禁句ではないです。

相手が飲まないことについてあなたに話している時は、話に耳を傾けて共感を示すのが一番いい方法です。では、飲まないことについて率直に話している人に、どのように返答するのが一番いいのでしょうか?

Feinbergによると、相手をほめて、それから「私が飲んでも大丈夫ですか?」と続けて聞きましょう。

また、恋愛コーチのConnell Barrettは、その話で盛り上がることもよくあると言います。

私が、元カノと初めてデートしていた時のことです。私たちはバーで会い、私はお酒を飲み、彼女は飲んでいませんでした。

彼女がどうやって今の状態に行き着いたのか、約20分ほど話しました。その話が私の興味をそそり、私たちの仲が深まりました。彼女は飲まないことについて隠すことなくすすんで話してくれました。

1/2ページ

最終更新:3/22(金) 23:10
ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ