ここから本文です

坂本花織のPCSは「過小評価」 伊解説者が疑問視「なぜメドベより2点も低いのか」

3/22(金) 8:03配信

THE ANSWER

伊解説者は坂本と宮原の演技構成点の低さを疑問視

 フィギュアスケートの世界選手権は20日、女子ショートプログラム(SP)で、坂本花織(シスメックス)は完璧な演技でシーズンベストを更新する76.86点をマークし2位と好発進を決めた。欧州衛星放送局「ユーロスポーツ」で解説を務めるマッシミリアーノ・アンベーシ氏は「演技構成点が過小評価されている」と指摘している。

【画像】2位発進の完璧な演技後に舞台裏で会心の笑みを見せる坂本

 持ち味のダイナミックさを存分に発揮した。坂本は冒頭の3回転フリップ―3回転トウループのコンビなどすべてのジャンプを成功させ、スピンでもレベル4を獲得。最後は笑顔でガッツポーズした。シーズンベストを更新する会心の滑りを披露し、喝采を浴びた。

 技術点(TES)は41.98点でアリーナ・ザギトワ(ロシア)に次ぐ2番目だったが、演技構成点(PCS)は34.88点でザギトワ、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)に続く3番目の得点だった。

 イタリアのスポーツ専門メディア「OAスポルト」がアンベーシ氏の発言を伝えているが、「構成点について言うと、カオリ・サカモトとサトコ・ミヤハラは過小評価されている」と指摘。続けて「しかし、ミヤハラに関しては新ルールの適用によりジャンプの回転不足が指摘されるようになった。これはサモドゥロワやメドベージェワにも言える。ミヤハラのトリプルループの入りは並外れた華麗さがあったが、実際の加点は少なかった」と分析している。

 さらに坂本については、PCSで36.63点だったメドベージェワと比較し、「何をどうしたらサカモトがメドベージェワより2点も低くなるのか(ジャッジに)尋ねてみたいね」とまでコメントしているという。

 ザギトワとは5.22点差。22日のフリーでどこまで追いすがることができるか。大逆転劇を期待したい。

THE ANSWER編集部

最終更新:4/12(金) 8:33
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事