ここから本文です

ザギトワ、237.50点で貫録の復活V! 日本勢は紀平が4位、来年の出場枠「3」は堅持

3/22(金) 21:26配信

THE ANSWER

世界選手権女子フリー、ザギトワが初V

 フィギュアスケートの世界選手権は22日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)で首位のアリーナ・ザギトワ(ロシア)が155.42点をマーク、合計237.50点で初優勝を飾った。昨年の平昌五輪女王が貫録を見せた。女子のシニアでは史上初となる4回転ジャンプを決めたエリザベート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)が合計224.76点で2位。3位に合計223.80点のエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が入った。

【動画】このザギトワの喜び方は可愛すぎる!? 優勝が決まった瞬間、満面の笑みでコーチとハグ

 ザギトワが女王の貫録を発揮した。完璧だったSPに続いて、フリーもダイナミックに美しく舞った。

 冒頭の2回転アクセルを決めると、続く3回転ルッツ―3回転トウループも降りた。3回転サルコー、ダブルアクセルも決めた。後半の3回転ルッツ―3回転ループのコンビネーション、さらに3連続ジャンプも着氷した。スピンもすべてレベル4を獲得。力強い4分間の演技で観る者を魅了したザギトワは、最後は感極まった表情を見せた。 

 今季は苦しんだ。グランプリ(GP)シリーズの2戦は優勝こそしたが、ミスを連発。12月のグランプリファイナルでは紀平に敗れ2位。ロシア選手権ではまさかの5位に沈んだ。1月の欧州選手権でも精彩を欠き2位。平昌五輪から7センチも身長が伸び、体型の変化が演技への影響も囁かれたが、今季最大の大舞台で強さと、美しさを取り戻した。

 日本勢はSP7位の紀平梨花(関大KFSC)は冒頭のトリプルアクセルに成功し、152.59点で合計223.49点で4位。今季の国際大会の連勝は6でストップした。

 SP2位の坂本花織(シスメックス)は合計222.83点で5位、SP8位の宮原知子(関大)は合計215.95点で6位だった。

THE ANSWER編集部

最終更新:3/25(月) 10:24
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事