ここから本文です

史上初の快挙! 19歳トゥルシンバエワがシニア初の4回転成功 母国女子初の銀メダル

3/22(金) 21:19配信

THE ANSWER

世界選手権女子フリー、カザフスタンの19歳が史上初の快挙

 フィギュアスケートの世界選手権は22日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)で3位だったエリザベート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)は冒頭で4回転サルコーに成功。シニアでは国際スケート連盟(IUS)史上初となる4回転ジャンプに成功した。148.80点をマークし、合計224.76点で2位。カザフスタン女子史上初の世界選手権メダルを手にした。

【動画】これが歴史的ジャンプ! ISUが公開したトゥルシンバエワの4回転サルコーの実際の瞬間

 148センチと小柄なスケーターが歴史に残る大きな快挙をやってのけた。冒頭の4回転サルコーを見事に着氷。国際スケート連盟公認大会でシニア選手が決めるのは史上初だ。

 その後のジャンプも次々に成功。見事な演技で自己ベストを大きく更新した。

 カザフスタンのスケーターでは、昨年7月にデニス・テンさんが暴漢に襲われて急逝。世界選手権では男子も含め、2015年銅メダルのテンさん以来のメダル獲得となった。

 今季からはアリーナ・ザギトワ(ロシア)も師事するエテリ・トゥトベリーゼコーチの下で鍛錬を積むカザフスタンの19歳が歴史を作った。

THE ANSWER編集部

最終更新:3/25(月) 10:24
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事