ここから本文です

「日本は明確なアイデアを持ってなかった…」「ケイロス新時代が始まった」コロンビア紙は森保ジャパンに辛辣意見!

3/22(金) 21:59配信

SOCCER DIGEST Web

ロシア・ワールドカップの雪辱を果たしたコロンビア

 3月22日、コロンビア代表との親善試合に臨んだ日本代表は0-1で敗れた。

 序盤から中島翔哉を中心に主導権を握った日本だったが、ジェリー・ミナとダビンソン・サンチェスというプレミアリーグで研鑽を積んでいるCBコンビを中心にしたコロンビアの堅守に苦戦を強いられた。そして、迎えた64分に冨安健洋がハンドでPKを献上すると、これを相手エースのファルカオに決められて先手を取られてしまう。

【日本代表PHOTO】コロンビア戦を彩った「美女サポーター」たち

 その後、香川真司(65分)と乾貴士(71分)、鎌田大地(79分)など、期待のアタッカーたちを矢継ぎ早に投入していった日本だったが、最後まで執拗なマークを怠らなかった黄色い壁を打ち破ることはできなかった。

 先月7日に始動したばかりのカルロス・ケイロス体制の初陣を飾り、昨夏のロシア・ワールドカップのグループリーグ初戦で敗れていた日本に対して雪辱を果たしたコロンビアへは、地元メディアからも賛辞が送られている。
 
 コロンビアの日刊紙『El Tiempo』は、マッチサマリーにおいて、「コロンビアはシュートとパスに問題を抱えていた。ただ、日本も危険を冒してゴールを目指したが、ファイナルサードを攻め崩すための明確なアイデアを持っていなかった」と森保ジャパンが攻撃の精度を欠いたことを指摘した。

 また、コロンビア・メディア『Caracol』も「ケイロスによる新時代は日本からの勝利で始まった」と銘打ったマッチサマリー内で、「危険な動きは少なかったが、我々が苦手とするアジア人の動きは封じた。補完的な現段階においては強く見えた」と綴った。

 コロンビアに僅差で敗れた森保ジャパンは、今後、いかに修正していくのか。ボリビアと対戦する26日に一戦も注目したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:3/23(土) 1:31
SOCCER DIGEST Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事