ここから本文です

不倫をやめられない…28歳女子が陥る「恋愛地獄」

3/22(金) 14:00配信

現代ビジネス

5歳刻みで結婚できる確率はガクンと下がる

 人には「不倫適齢期」がある、といえば突飛だろうか。これまでに人生相談を1,000人以上からいただいた身としては、しかし事実である。というのも、不倫をする時期によって「婚活で成婚する確率」が変わってしまうからだ。

 あなたはこれまで、婚活サービスを使ったことがあるだろうか? 
 2017年に結婚した人のうち、1割が婚活サービスを通じて結婚した。割合が急増しているとはいえ、90%以上の方はいまだに「どうやって異性を検索するか」をご存知ないかと思う。

 ここでは代表的な婚活ツールである「マッチングアプリ」や「婚活情報サービス」を例に人がどう相手を絞り込むか見てみよう。

 まず、あなたはFacebookや食べログで通常するように、メールアドレスやパスワードを使ってサービスへログインする。そうするとお相手候補がずらりと並んでいる。あなたはそこから条件で絞り込んで検索し、「あなたとやりとりしたい」と申請する。その後相手が申請をOKすれば、お互いに連絡を取り合える仕組みだ。

 そしてどのツールでも、身長、年収、年齢など数的なデータは検索できる。

 そこで男性が重要視するのが「年齢」だ。婚活においては美人の45歳より、普通の20歳の方がモテる。

 男性は10歳以上若い女性を対象にする可能性は高くても、10歳以上年上の女性を選ぶことはまれだからだ。

 年齢については「居酒屋で隣にいたすてきな女性へ声をかけたら、偶然10歳上だった」といった恋愛結婚の場合、例外も多い。だが大量のデータベースから条件で絞り込んでいく婚活においては、年齢がシビアな判断材料となってしまうのである。

 そして、年齢は「5つ刻み」で検索できることが多い。たとえば年齢なら「20~24歳、25~29歳、30~34歳」といったように、5歳刻みで選んでいく。

 ここで、女性が年齢で切られていくことを思い出してほしい。

 たとえば29歳と30歳はわずか1年違いにもかかわらず、5歳刻みになっている検索システムのせいで、求められる率が階段状にガクンと下がってしまうのである。

 しかし、これはマッチングアプリだけの課題ではない。人は自由に年齢を絞り込めたとしても、つい「5の倍数」で考えがちだ。「できれば40歳以下で」「さすがに46歳以上はないかな」と、5つ刻みで婚活対象は切り捨てられる。だから女性は30歳、35歳の節目を迎えると婚活経由で結婚できる確率が下がっていく。

 なお女性は年齢だが、男性も身長や年収で同じセオリーが当てはまる。169cmと170cmでは、検索される数が大きく変わる。年収450万と500万でも同様だ。

 女性は29~30歳や、34~35歳など「5つ刻みで切られやすい年齢」を刻む前に婚活へ動きだした方がマッチングしやすくなる。そして男性で年収490万なら軽い副業をして500万にしたほうが、格段に婚活が楽になるのだ。

1/3ページ

最終更新:3/23(土) 2:10
現代ビジネス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

「現代ビジネスプレミアム」

講談社『現代ビジネス』

月額1000円(税抜)

現代ビジネスプレミアムは「現代ビジネス」の有料会員サービスです。2万本以上の有料記事が読み放題!会員だけの特別記事も配信。豪華ゲストによるセミナーも開催中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事