ここから本文です

マンU新体制17戦9発のポグバ、スールシャール監督の残留熱望「自由を与えてくれた」

3/22(金) 8:40配信

Football ZONE web

新監督の下で17試合出場9得点 「選手に自信を取り戻させてくれた」と絶賛

 マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバが英衛星放送「スカイ・スポーツ」の独占インタビューに応じ、現在チームの暫定監督を務めるオレ・グンナー・スールシャール氏に正式就任してほしいと語った。

【動画】スールシャール監督の下で17戦9ゴールと復調! マンUポグバ、第26節フルハム戦で2ゴールの活躍

 ジョゼ・モウリーニョ前監督が昨年12月に退任し、クラブOBのスールシャール暫定監督が就任して以降、ユナイテッドは怒涛の快進撃を続けている。公式戦19試合で14勝を挙げ、敗れたのはわずかに3試合。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16ではパリ・サンジェルマン(PSG)と対戦し、ホームでの第1戦を0-2で落としていたものの、アウェーでの第2戦で3-1の勝利を収めて2戦合計スコアで追いつき、アウェーゴールの差でベスト8進出を決めた。

 モウリーニョ前監督の下でチームは不振が続き、ポグバは特に同監督との確執が再三にわたり報じられていた。スールシャール監督が指揮を執って以降、選手らは“自由“を取り戻したと話す同選手は、新監督を迎えてから出場した17試合で9得点を挙げている。

 ポグバは、スールシャール監督に「もちろん残ってほしい」と正式監督として残留してほしいとの意向を示し、さらにこう続けている。

「ここまで素晴らしい結果が出ている。彼ととても良い関係だし、他の選手たちとも素晴らしい関係を築いている。選手がハッピーだと、彼はハッピーが続いてほしいと望むんだ。スールシャール監督には(正式監督に就任する)価値がある。クラブのすべてを知っているからね」

 また、「彼はすごくハッピーな監督で、選手に自信を取り戻させてくれた。選手に自由を与え、サッカーを楽しめるようにしてくれた。きっと、それまでの結果のせいで僕たちは自信を失っていたんだろう」とも話したが、「過去のことを話すのは好きではない。未来について話したい。なぜなら、そのほうが重要だからね。僕たちは改善し、結果も素晴らしい」と前向きに語った。

 ポグバの希望どおり、スールシャール監督は正式就任となるのだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:3/22(金) 8:59
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事