ここから本文です

香川真司、外から見た代表の“前半45分”に持論 「アグレッシブに速い攻撃ができていた」

3/22(金) 23:34配信

Football ZONE web

前半45分をピッチ外から静観 「初めて見て刺激を受けたところはありました」

 ウォーミングアップを終えた背番号10がベンチに呼ばれ、日産スタジアムはどよめいた。しかし、その直後、ピッチでは日本はペナルティーエリア内でのDF冨安健洋のハンドを取られてPKを与え、後半19分のPKから日本はコロンビア代表FWラダメル・ファルカオに先制点を許してしまった。MF香川真司がロシア・ワールドカップ(W杯)のベルギー戦以来、日本代表に戻ってきたのは、この失点で流れが切れた時だった。

【動画】中島翔哉ら存在感も…PK献上で日本惜敗 国際親善試合「日本×コロンビア」(0-1)ハイライト

 22日、日産スタジアムで日本代表とコロンビア代表の国際親善試合が行われ、攻勢だった日本の前半をピッチ外から見ていた香川は、「非常にアグレッシブに速い攻撃がチームとしてできていたと思います。個人個人としても、みんなが自信を持ってプレーしていました。前半45分、初めて見て刺激を受けたところはありました」と、その感想を語る。

 また、後半20分からピッチに入る直前に失点をしたことについても、「良いチャンスというか、こういう状況のなかでどう見せられるかを意気込んで(試合に)入りました」と、あくまで前向きに捉えていたと話した。しかし、MF南野拓実を1トップにし、その背後に入るという不慣れな布陣に加え、先制点を奪われて流れがコロンビアに傾いたこともあり、なかなかチャンスを作ることはできなかった。

 そのなかで目立ったのが、中盤に降りて左右にロングボールを散らす香川のプレーだった。「僕が入った時間帯は0-1ということで、相手も1点を取ってから、より中を固めてきていました。僕たちも動きの連動性がなくなってきていたので、そこの変化は必要かなと思いました。(今の日本は)サイドにストロングがあると思う。サイドで1対1になった時に打開できる選手は多い。その展開が後半は生まれづらかったので、そこはより意識しました」と、意図的にボールを散らしていたことを明かす。

課題についても言及 「ペナルティーエリア内に入った時に、どれだけ崩せるか」

 ただし、ボールを相手ゴール前まで運んでも、最後に決定機を作ることはできなかった。「ラスト3分の1、ペナルティーエリア内に入った時に、どれだけ崩せるかは課題を感じることが多かったですね」と、次戦に向けての課題を語っている。

 試合終了後には、南野、MF乾貴士、MF堂安律らと言葉を交わすシーンも見られた。「代表は毎日一緒にやるわけではないので、この短い期間のなかでどれだけ結果を残していけるか。次の試合を含め、みんなでまた話し合いながらやっていけたらと思います」と続けている。

 26日の国際親善試合ボリビア戦は、自身の出身地でもある神戸でのゲームになる。30歳になり、年齢的にも上から数えたほうが早くなっている香川は、「経験値は一番高いと思っているので、その自覚は求められていると思う。自覚を強く持ちながら良い準備をしてやっていけるように。いかに勝ち切るかにフォーカスしてやっていきたい」と意気込んでいる。

河合 拓 / Taku Kawai

最終更新:3/23(土) 1:28
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ