ここから本文です

「日テレ」は今年度も視聴率三冠王が確定も、巨人戦中継で営業担当が右往左往のウラ

3/22(金) 6:31配信

デイリー新潮

現場から不安の声

 日本テレビの関係者が安堵の表情を浮かべながら言う――「3月末まで少し間がありますが、2018年度の視聴率も三冠王が確定的です」

 ***

 18年の“年間”視聴率で日本テレビが三冠王を達成したことは、少なからぬメディアが既に報じている。

 例えば、夕刊フジは1月6日(電子版)に「年間視聴率 日テレが5年連続“三冠王”達成も波乱の予感 『全日』でテレ朝が肉薄」と伝えた。

 この「三冠王」は、ビデオリサーチ調べの関東地区における視聴率で、

◇全日:6時~24時
◇プライム:19時~23時
◇ゴールデン:19時~22時

 という3つの時間帯でトップに立ったことを指す。日テレは5年連続の三冠王。社内は“常勝ムード”が漂っているはず。今さら“年度”の三冠王で喜ぶわけもないと部外者は思ってしまうが、そうではないようだ。

「テレ朝の猛追を予想するメディアもありましたが、振り返ってみれば盤石だったのは事実です。例えば日曜のゴールデンですが、『世界の果てまでイッテQ!』(19時58分~20時54分)は“ヤラセ疑惑”が発覚し、視聴者の離反が危惧されましたが、数字は落ちませんでした。それが『行列のできる法律相談所』(21時~21時54分)の安定に繋がったわけです。そして『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(22時30分~23時25分)が狙い通りのヒット作だったことは、弊社の勢いが持続できていることの証明ではないでしょうか」(同・日本テレビ関係者)

 いいことずくめであるはずなのだが、この関係者は「安堵は危機感の裏返しでもあります」と漏らす。「実は日テレ社内の足元は、大きく揺らいでいるのです」と言う。一体、絶好調の日テレに何があったのか。

「東京スポーツが報じた通りです。我々はスポンサーの怒りを、立て続けに買ってしまったのです。洒落にならないレベルです。昨年11月には朝の看板番組『ZIP!』が、今年2月には『1億人の大質問!? 笑ってコラえて! 冬SP』が、大口スポンサーを激怒させてしまった。この大問題を東スポがすっぱ抜きました」(同・日テレ関係者)

1/2ページ

最終更新:3/22(金) 6:31
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事