ここから本文です

「龍馬伝」のイケメン子役も18歳に! 濱田龍臣がみたびウルトラマンを熱演

3/22(金) 17:00配信

CREA WEB

 大河ドラマ「龍馬伝」で福山雅治の演じる龍馬の少年時代を演じ、大きな話題を呼んだ濱田龍臣。あれから9年、『劇場版ウルトラマンR/B セレクト! 絆のクリスタル』で、3度目となるウルトラマンジードを演じた彼が、そのキャリアを振り返る。

ウルトラマンに変身したいと夢見ていた

――この業界に入ったきっかけを教えてください。

 もともと祖母がエキストラ事務所に入っていまして、2歳半のときに、僕もそこに入りました。その頃は物心がついていないので、もちろん僕の意思ではなかったのですが(笑)。それがこの業界に入ったきっかけです。

――その後、「将来、ウルトラマンに変身したい」という夢を持ち始めたそうですね。

 4歳から6歳にかけて、「ウルトラマンネクサス」「ウルトラマンマックス」「ウルトラマンメビウス」をリアルタイムで見ていたので、ウルトラマン全般が好きでした。映画『ウルトラマンコスモスVSウルトラマンジャスティス THE FINAL BATTLE』に登場した、ウルトラマンジャスティスのカッコ良さに惹かれるようになったのはその後です。

――一方で、幼稚園の年長から小学6年生までフットサルをやられていたそうで。

 友だちに誘われて、地元のフットサル教室に入ったのが、きっかけです。その後、誘った友だちは学校の部活に入ったりしてやめていきましたが、僕はその教室がなくなるまで続けていました。

イケメン子役がぶつかった大きな壁

――10年、大河ドラマ「龍馬伝」で演じた福山雅治さん演じる坂本龍馬の少年時代役で一躍注目されますが、オーディションや撮影などで覚えていることはありますか? 

 最後の2人になってから、何度もオーディションしたことを覚えています。それでマネージャーさんから「龍馬役が決まりました」という電話がかかってきて、その夜は家族でお寿司を食べに行きました。台本読みのときにお会いした福山さんから「似てるね!」と声をかけていただいたことを覚えています。その後「怪物くん」にも出演させていただき、その頃は無邪気だったので、大野(智)さん、八嶋(智人)さん、上島(竜兵)さんに可愛がってもらい、ワキャワキャしていました(笑)。

――ちなみに、その年には『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦! ベリアル銀河帝国』にも出演されます。

 とにかく嬉しかったですね。でも、僕はまだ10歳ぐらいで、ウルトラマンに変身する役ではなく、あくまでも弟役でした。そのときに「もう変身できないかも?」「22、23歳ぐらいになったときに、またチャンスが来たらいいね!」と家族と話したことを覚えています。

――無邪気だった子役時代を経て、いろいろと経験してきたことで、壁にぶつかったことはありますか? 

 『ガッチャマン』に出演した後、中学生ぐらいになるとオーディションに行っても、なかなか通らず、とにかく悩んでいました。それで「なぜ、自分はこの仕事をやっているんだろう?」と思うようにもなりましたが、ある作品のオーディションを受けたときに、監督から「オーディションは最終的な合否だけではない。どれだけ自分のキャラを出せるか。相手の印象に残せるかだ」と言っていただいたんです。残念ながら、その作品には出演できませんでしたが、それ以来、自分の考え方が大きく変わり、前向きに頑張っていこうと思えるようになりました。

1/3ページ

最終更新:3/22(金) 17:00
CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2019年7月号
6月7日発売

特別定価840円(税込)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事