ここから本文です

グループ面接成り立たない 20年卒就活、3つの異変

3/23(土) 7:47配信

NIKKEI STYLE

■機能不全の手法からの変化か

その点、個別面談(対応)だと一見すると非効率です。が、学生と直接話ができるうえ、じっくり話すことで学生にも企業情報をアピールできる、というメリットがあります。就活生がこの個別面談(対応)を希望する場合、「企業側に直接連絡する」「OB訪問をする」「就活カフェに行く」のいずれか。ただしOB訪問は就活セクハラ事件が起きるなど、悪用するやからもいます。OB訪問自体はいいのですが、夜は避ける、密室への誘いは断固として断る、もし選考に影響があることをほのめかす場合は即座に企業側に通報、など、就活生側の防衛策も必要でしょう。OB訪問以外だと企業側に直接連絡する、あるいは就活カフェを利用するか。後者だとその就活カフェのスポンサー企業が中心ですが、じっくり話をきくことができます。

ところで、この個別面談、どの辺がゴールデンか、と言えば、その内容にあります。企業によってはちょっと高めのステーキなど食事をおごることも含めるからです。なんだか、バブル期の売り手市場が復活しつつある、20年卒就活はそんな状況にあるのです。


石渡嶺司(いしわたり・れいじ)1975年札幌市生まれ。東洋大学社会学部卒。2003年から大学ジャーナリストとして活動開始。当初は大学・教育関連の書籍・記事だけだったが、出入りしていた週刊誌編集部から「就活もやれ」と言われて、それが10年以上続くのだから人生わからない。著書に『キレイゴトぬきの就活論』(新潮新書)、『女子学生はなぜ就活で騙されるのか』(朝日新書)など多数。

「ホンネの就活ツッコミ論」の最近の連載は以下です。・学業欄はどこまで書く? エントリーシートの5大疑問・就職活動、出遅れても焦らない 企業は意外にやさしい ・学生の味方か敵か、就活カフェ・大学生はヒトゴトではない不適切動画・他人にどう見られるか振り返ろう・内定学生のESが就活生を惑わす理由 ・趣味欄はどう書く?~ES作成で使える小ネタ

3/3ページ

最終更新:3/23(土) 10:12
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事