ここから本文です

定年前活動「定活」をするかが、定年後の人生を決める

3/23(土) 6:04配信

サライ.jp

あなたは70歳、80歳になっても働くイメージはあるだろうか? 今、定年を迎えた後も働きたいと考えている人が増えているという。しかしその想いとは裏腹に、定年後のキャリア形成が追い付いていない人も多いようで――。ファイナンシャルアカデミーが実施した「定年後に関するアンケート」の調査結果を基に、定年後のキャリア形成の実態を紹介する。

Gメールのアカウント取得は定年1年前までに!|元トリンプ社長が指南する「定年デジタル」のすすめ

■定年後「給与が下がっても働きたい」約7割

「定年後も働きたいですか?」という質問に対し、全体の約7割が「給料が下がっても働きたい」と回答した。理由としては「老後資金の確保のため」「生きがいだから」「社会とのつながりを持ちたい」といった声が上位に上がった。働きたいという意向の裏には、大きく分けて「必要に迫られて」と「生きる上でのモチベーションを維持」という異なる2つの気持ちが存在するようだ。

■定年後のお金対策「十分できている」わずか3%

定年後の「お金」の対策についてたずねたところ、「十分できている」と回答したのは全体のわずか3%にとどまった。対策を「全くできていない」「あまりできていない」と回答した人にその理由をたずねると、「目の前の仕事で精一杯だから」という声が最も多く、現業に忙殺されて定年後のことを考える余裕がないという現状が読み取れる。

■定年後のキャリア対策「十分できている」わずか1%

また、定年後の「キャリア」対策についてたずねたところ「十分できている」と回答した人は全体のわずか1%だった。前述の通り「定年後も働きたい」と思っている人が多数派であるにも関わらず、そのための準備をできている人はごく少数派であり、その意向と行動の間には大きなギャップがあるということが浮き彫りとなった。

■対策している人が行っているのは「スキル向上」「情報収集」

定年後のキャリア対策について「十分できている」「まあできている」と回答した人に対し、どのような対策を行っているか聞いたところ、「現在持っているスキルを上げる」「情報収集」が上位となった。定年後にやりたいことを明確にした上で「資格取得」や「学校等で専門的な知識を学ぶ」「習い事」といった具体的な行動に移している人はまだ少数派のようだ。

1/2ページ

最終更新:3/23(土) 6:41
サライ.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事