ここから本文です

明け4歳馬が強力な高松宮記念。騎手とセットで6歳牝馬がお買い得だ

3/23(土) 6:40配信

webスポルティーバ

 左回りの前哨戦を使いたくても、走らせたい時期にそういう番組がなければ仕方がありません。それでも今回は、得意とする左回りの舞台。距離短縮も歓迎だと思いますし、巻き返しが見込めそうです。

 ついでながら、前述2頭と同じレースを走った際には、どちらにも先着を許していません。3歳春の段階ですから、比較材料にはなりませんが、負けていないという事実は確かです。

 ですから、当初はこのミスターメロディを今回の「ヒモ穴馬」にしようと考えていたのですが、ここに来て、どうしても気になる馬が出てきてしまいました。

 昨夏のGIIIアイビスサマーダッシュ(7月29日/新潟・芝1000m)を快勝したダイメイプリンセス(牝6歳)です。

 以前にも触れたことがありますが、『千直(直線で行なわれる新潟・芝1000m)』というレースは、ときに馬を大きく成長させます。このダイメイプリンセスは、まさにそんな1頭です。

 準オープンで頭打ちかと思われましたが、昨春『千直』に挑戦して連勝。オープン入りを果たすと、その勢いで重賞を制覇し、秋のGIスプリンターズS(9月30日/中山・芝1200m)にも出走しました。そして、余力を持って4着と好走しました。

 その後は休養に入って、今年はさらなる飛躍が期待されました。しかし、休み明け2戦は6着、10着と凡走。すでに6歳牝馬でもあり、「ピークを過ぎてしまった」という見方があるのは当然でしょう。

 とはいえ、気になるのは鞍上です。前走のオーシャンSから続けて、ミルコ・デムーロ騎手が手綱をとる、ということです。

 前走時にも感じたことなんですが、彼がこの馬を選択していることに、違和感があるんですよね。前走も、そしてGIの今回も、彼が選んで乗れる馬は他にもいると思うんです。また、そもそも騎乗を予定していた馬が回避した、というニュースも聞いていません。

 そうした状況にあって、彼が前走で同馬を選び、しかもGI戦まで続けて騎乗するということは、この馬にそれだけの可能性を感じているのではないでしょうか。

 本当は、これまでの主戦だった秋山真一郎騎手で挑んでほしい、という気持ちがあります。それでも、予想という意味では、このトピックは面白い要素となりました。ダイメイプリンセスが馬券圏内(3着以内)に飛び込んできても不思議ではありません。

大西直宏●解説

3/3ページ

最終更新:3/23(土) 6:40
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事