ここから本文です

【幸田真音&藤本浩司】「AI時代」に必要となる、感度のよいしぶとさ

3/23(土) 7:03配信

PHP Online 衆知(Voice)

昨今「AI(人工知能)」という文字を目にしない日はないほど、AIが話題になっている。では「AI時代」に求められる人間の素養とは何か。数多くの経済小説を手掛ける作家・幸田真音氏と、AIを使ったサービスを企業に提供するテンソル・コンサルティング株式会社の社長を務める藤本浩司氏が語る。

※本稿は『Voice』4月号、幸田真音氏&藤本浩司氏の「AIを知ることは人間を知ること」を一部抜粋、編集したものです。

倫理性を気にしない中国にどう対抗するか

【幸田】 藤本さんは本業の傍ら、AIについて大学で教えられていますね。私が『人工知能』で凱を描いたのも、能動的でハングリー精神の旺盛な若者が日本にもっと出てきてほしい、という願いからです。

【藤本】 中国の研究者は非常にアグレッシブです。発表する研究論文の数も膨大で、ある意味、脅威ではあります。ただ、日本は物量では負けていても、かなり質の良い研究を発表しています。

いまAIというと、フィンテック(金融=Financeと技術=Technologyを組み合わせた語)やキャッシュレス決済の技術など、どうしても実用的な面が脚光を浴びがちです。

しかし、これらを支える基礎技術の存在を忘れてはいけません。日本は現在の潮流に乗っかるだけではなく、将来的に価値をもつ地道な研究の手を緩めてはならない、と考えています。

【幸田】 国の予算や民間投資の問題も指摘されます。日本人は真面目だから、「AI」「自動運転」といったキーワードが出てくると「遅れてはいけない」とすぐ飛び付いてしまう。

ところがブームが去ると、反動で急に冷めてしまって、国として十分な投資が続かない。

質の高い研究をしている人たちはいても、数の原理や勢いで中国との競争に負けている、というもどかしさを強く感じてしまいます。なにしろ中国は、日本やアメリカのように個人情報の保護などの倫理性を気にする必要がないのですから。

情報過多の現代社会で求められる素養

【藤本】 研究の価値をきちんと評価してくれる社会の実現によって、成果を出すための土壌は自ずとできてくると思います。もちろん、成果を出すのは簡単ではありません。

研究者は、『人工知能』の元となった本誌連載時のタイトルのように、「しぶといやつ」である必要があるでしょう。

ただ諦めの悪いしぶとさではなくて、本質を見抜くために着実に努力を重ね、なおかつ失敗しても食い下がるくらいの気概は、若い人たちにぜひもってもらいたい。

【幸田】 しぶとさは大事ですね。同時に、感度の良さも必須だと思います。

「最近の若者は」と嘆くつもりはありませんが、情報が溢れる現代社会では、貴重な機会を得ても「そんなものか」と納得して終わってしまうことが多い気がします。

情報を安易に受け入れて終わりではなく、それは本当に正しいのか、次に自分は何をすべきかと、しぶとくも感度よく行動してほしいですね。

【藤本】 拙著『AIにできること、できないこと』(日本評論社)でも詳しく触れていますが、AIにはできない「動機」や「目標設計」の力が、これからの時代には重要ということですね。

幸田真音&藤本浩司

最終更新:3/23(土) 7:03
PHP Online 衆知(Voice)

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Voice

PHP研究所

2019年7月号
2019年06月10日発売

780円(税込)

【総力特集:安倍外交の正念場】わが国の外交はまさしく正念場を迎えている。「軽薄」と評される国際社会において、日本はいかなる針路をとるべきか。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事