ここから本文です

デジタル機器によるウェルビーイングへの悪影響は、「ジャガイモと同程度」だった

3/23(土) 12:13配信

WIRED.jp

テクノロジーは、わたしたちのウェルビーイングの感覚にどんな影響を与えているのだろうか? 心理学者たちの答えは、まちまちだ。デジタル機器は現代社会の悩みの種だと主張する者もいれば、むしろ鎮痛剤だと答える者もいる。

デジタル機器の利用は、ウェルビーイングにとって本当に「悪」なのか?

心理学者たちの間に総意と呼べるものはない。米国立衛生研究所所長の連邦議会での答弁からもわかるように、テクノロジーが人間の思考や行動、発達に与える影響を調べた研究の結果は限定的で、研究結果が互いに矛盾することも多々あるのだ。

さらにモヤモヤさせられるのは、互いに矛盾する結果を生んだ研究が、まったく同じ情報源、つまり何千人から何百万人分もの調査結果を蓄積した同じデータセットを使っていることも多いという点だ。

「問題は、ふたりの研究者が同じデータを見て、まったく違う結論や解決策にたどりついてしまうところにあります」と、心理学者でオックスフォード・インターネット研究所の研究部長を務めるアンドリュー・プシビルスキは言う。「テクノロジーに対して楽観的な人たちはデータのなかにポジティヴな因果関係を見出し、悲観的な人たちはネガティヴな関係を見出すわけです」

なぜ同じデータセットが異なる結果を生むのか?

プシビルスキは、共同著者のエイミー・オーベンとともに『Nature Human Behavior』に論文を発表している。このなかでふたりは、「なぜ巨大なデータセットを使った研究が互いにまったく異なる結果にたどり着いてしまうのか」「なぜ科学者たちが見つけた因果関係(ポジティヴなものやネガティヴなもの)は弱く、気にしなくてよいものが多いのか」を、新しいメソッドを使って解き明かした。

ここでは「ミレニアムコホート研究(MCS)」を例に考えてみよう。MCSは2000年から01年の間に英国で生まれた子どもたちの健康状態の変化を長期間にわたって追った調査で、質問票には研究者がウェルビーイングと関係あると解釈できる数十の質問が含まれていた。質問のトピックスは、自尊心から自殺願望、自分の人生に対する総合的な満足度まで、かなり幅広い。

「しかし、ウェルビーイングについての考え方は研究者によってまちまちです。それゆえ研究者たちは、それぞれ自分の考え方にあった質問をピックアップしうるのです」と、オーベンは言う。

本人が気づいていようとなかろうと、研究者が一部の質問のみに注目するということは、ほかのさまざまな道筋をすべて排除して、ひとつの道筋だけを追求して分析することを意味する。

MCSの場合、テレビの視聴時間やゲームをする習慣、ソーシャルメディアの利用など、さまざまなウェルビーイング関連の質問があり、それらをすべて合わせると分析の道筋は6億397万9,752通りあることになる。さらに、ここに被験者の世話をしている人たちに対する質問を合わせると、この数字は2.5兆通りにまで膨れ上がる。

確かに、この2.5兆通りの道筋の大多数は、それほどおもしろい結果を生むものではないだろう。しかし、こうしたデータセットがもつ無秩序さは統計的に有意ではあるが、関連性が著しく低い相関関係を生みうる。

科学においてサンプルサイズが大きいことは一般的によいこととされるが、主観的な質問項目と数多の被験者によって生まれるいくつもの分析経路は、大規模なデータセットを基に好ましい結果だけをいいとこどりする、いわゆる「p値ハッキング(p-hacking)」のような不正行為を可能にしてしまうのだ。

1/3ページ

最終更新:3/23(土) 12:13
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事